「ルイ1世 (ブルボン公)」の版間の差分

編集の要約なし
m
{{基礎情報 皇族・貴族
[[File:Ludvik1 Bourb.jpg|right|thumb|160px|ブルボン公ルイ1世]]
| 人名 = ルイ1世・ド・ブルボン
| 各国語表記 = Louis I<sup>er</sup> de Bourbon
| 家名・爵位 = 初代[[ブルボン公]]
| 画像 = Ludvik1 Bourb.jpg
| 画像サイズ = 160px
| 画像説明 =
| 続柄 =
| 称号 =
| 全名 =
| 身位 =
| 敬称 =
| 出生日 = [[1279年]]
| 生地 =
| 死亡日 = [[1342年]][[1月29日]]
| 没地 =
| 埋葬日 =
| 埋葬地 =
| 配偶者1 = マリー・ダヴェーヌ
| 配偶者2 =
| 子女 = [[#家族|一覧参照]]
| 父親 = クレルモン伯[[ロベール (クレルモン伯)|ロベール]]
| 母親 = ベアトリス・ド・ブルゴーニュ
| 役職 =
| 宗教 =
| サイン =
}}
'''ルイ1世・ド・ブルボン'''(Louis I<sup>er</sup> de Bourbon, [[1279年]] - [[1342年]][[1月29日]])は、初代[[ブルボン公]]([[1327年]] - [[1342年]])、および[[クレルモン伯]]、ラ・マルシュ伯。[[ブルボン家]]の祖とされる。[[フランス王国|フランス]]王[[ルイ9世 (フランス王)|ルイ9世]]の末息子であるクレルモン伯[[ロベール (クレルモン伯)|ロベール]]とベアトリス・ド・ブルゴーニュ(ブルゴーニュ公[[ユーグ4世 (ブルゴーニュ公)|ユーグ4世]]孫)の子<ref>Lauda, p. 125, 135</ref>。