「紀元前225年」の版間の差分

編集の要約なし
(ローマ関係の修正)
3年前= {{紀元前/年|228}} | 2年前= {{紀元前/年|227}} | 1年前= {{紀元前/年|226}} |
1年後= {{紀元前/年|224}} | 2年後= {{紀元前/年|223}} | 3年後= {{紀元前/年|222}} |}}
'''紀元前225年'''は、[[ローマ暦]]の年である。
'''紀元前225年'''は、[[ローマ暦]]の年である。当時は、「[[ルキウス・アエミリウス・パプス]]と[[ガイウス・アティリウス・レグルス]]が[[執政官|共和政ローマ執政官]]に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、[[ローマ建国紀元]]529年)。[[紀年法]]として[[西暦]](キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前225年と表記されるのが一般的となった。
 
'''紀元前225年'''は、[[ローマ暦]]の年である。当時は、「[[ルキウス・アエミリウス・パプス]]と[[ガイウス・アティリウス・レグルス]]が[[執政官|共和政ローマ執政官]]に就任した年」として知られていた(もしくは、それほど使われてはいないが、[[ローマ建国紀元]]529年)。[[紀年法]]として[[西暦]](キリスト紀元)がヨーロッパで広く普及した中世時代初期以降、この年は紀元前225年と表記されるのが一般的となった。
 
== 他の紀年法 ==
* [[仏滅紀元]] : 322年
* [[ユダヤ暦]] :
{{Clear}}
 
== できごと ==
=== 共和政ローマ ===
* [[ガリア・キサルピナ]]族の連合は、[[ガリア・ナルボネンシス]]からの大量の援軍によって強化され、ローマに反旗を翻した。[[リミニ|アリミヌム]]でローマ軍を回避したガリア軍は、[[アペニン山脈]]を越えて[[エトルリア]]へ侵攻した。
* この侵攻を受け、ローマは[[ウェネティ族]]、[[パドヴァ族]]、[[ケノマニ族]]等に動員を呼びかけ、すぐに防衛軍を結成した。この軍は、[[執政官]][[ルキウス・アエミリウス・パプス]]の指揮下に置かれた。[[フィレンツェ]]近郊での[[ファエスラエの戦い]]でローマ軍は多くの兵を失ったが、もう一人の執政官[[ガイウス・アティリウス・レグルス]]とガリア軍を挟撃する事に成功し、[[テラモンの戦い]]で勝利した。
 
=== セレウコス朝 ===
* [[セレウコス3世]]は、[[アナトリア]]の[[ペルガモン]]を[[アッタロス1世]]から奪い返す戦いを再開した。しかし、最初に派遣した将軍の]]アンドロマコス]]はアッタロス1世に完敗し、捕らえられた。
 
=== 中国 ===
* [[秦]]の[[王賁]]が[[魏 (戦国)|魏]]を攻撃し、[[黄河]]の水を引いて都の[[開封市|大梁]]にそそがせ、水攻めにした。3月、大梁の城を破壊した。[[魏王仮]]を降伏させ、魏の全土を占領した。
* 秦の[[李信]]が[[楚 (春秋)|楚]]の平輿を攻め、[[蒙武]]が寝を攻めて、楚軍を撃破した。さらに李信は鄢郢を攻撃して破った。そこで兵を西に引き返し、蒙武と城父で合流したが、楚軍はこれについてきており、三日三晩休まず連戦して、李信を大敗させた。楚軍は秦のふたつの城壁に侵入し、7人の都尉を殺した。李信は逃げ帰った。
 
== 誕生 ==
{{see also|Category:紀元前225年生}}
<!--世界的に著名な人物のみ項内に記入-->
 
== 死去 ==
{{see also|Category:紀元前225年没}}
<!--世界的に著名な人物のみ項内に記入-->
* ガイウス・アティリウス・レグルス
 
== 脚注 ==
'''注釈'''
{{Reflist|group="注"}}
'''出典'''
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
<!-- == 参考文献 == -->
 
== 関連項目 ==
{{Commonscat|225 BC}}
* [[年の一覧]]
* [[年表]]
* [[年表一覧]]
<!-- == 外部リンク == -->
 
{{十年紀と各年|世紀=3|年代=200|BC=1}}
 
{{デフォルトソート:きけんせん225ねん}}
[[Category:紀元前225年|*]]
匿名利用者