「トリエステ自由地域」の版間の差分

→‎歴史: 赤リンクの仮リンク化
(→‎歴史: 赤リンクの仮リンク化)
== 歴史 ==
[[Image:Marshall Plan poster.JPG|right|thumb|200px|[[マーシャル・プラン]]の宣伝ポスターの1つ。参加各国の国旗が描かれた[[風車]]の中に、トリエステ旗(青地に白の[[フルール・ド・リス]])が見える]]
[[1945年]][[5月1日]]、[[{{仮リンク|ユーゴスラビア陸軍]]|sh|Kopnena vojska JNA|en|Yugoslav Ground Forces}}第4軍スロベニア第9軍団がトリエステに殺到した。また、[[イギリス陸軍]]第8軍第2師団(ニュージーランド軍)も翌日到着し、トリエステ駐留の[[ドイツ陸軍 (国防軍)|ドイツ陸軍]]はイギリス陸軍に降伏した。1945年6月12日、ユーゴスラビア軍はトリエステ市内から撤退し、北部地域はイギリス軍、南部地域はユーゴスラビア軍が占領する暫定的協定が結ばれた。
 
交渉が続いていたが、[[1947年]][[1月10日]]には[[国際連合安全保障理事会]]において[[国際連合安全保障理事会決議16]]が採択、トリエステ自由地域の設置が承認された。1947年[[2月10日]]、[[連合国 (第二次世界大戦)|連合国]]とイタリアとの間に[[{{仮リンク|イタリアとの平和条約|label=平和条約]]|it|Trattato di Parigi fra l'Italia e le potenze alleate|en|Treaty of Peace with Italy, 1947}}が締結され、'''トリエステ自由地域'''が誕生した。しかし、英米軍が統治する'''A地区'''(面積222.5km²、人口26万2406人)とユーゴスラビア軍が統治する'''B地区'''(面積515.5km²、人口7万1000人)に分割された。トリエステ自由地域の[[通貨]]と[[切手]]を独自に発行したものの、A・B両地区の分断状況は年々深まるばかりであり、真の「自由地域」とは言えない状況であった。
 
その間にもイタリア系住民は、B地区からA地区またはイタリア本国に逃亡しつつあった。最終的にB地区に残ったイタリア系住民は1万4000人であった。
[[1954年]]、イタリアとユーゴスラビアとの間で協定が結ばれ、A地区の統治をイタリアに、B地区の統治をユーゴスラビアに委ねることになった。そして1975年の[[オージモ条約]]で正式に分割が承認された。
 
[[1991年]]から[[1992年]]にかけて[[スロベニア]]と[[クロアチア]]が独立すると、B地区は更に[[ドラゴニャ川]]を境として南北に分割され、北半分がスロベニア領、南半分がクロアチア領となった。この際、スロベニアとクロアチアの間では、[[ピラン湾]]ならびにドラゴニャ川最下流域の南側沿いに位置する細長い一帯(クロアチアが実効支配する{{仮リンク|プロヴァニア|sh|Plovanija|en|Plovanija}}村に属する地域で、スロベニアが領有権を主張している)を巡る新たな領有権問題が浮上し、[[2011年]]現在も解決されていない。
 
== 関連項目 ==