「INGグループ」の版間の差分

* [[2013年]] - 保険部門と資産運用部門を[[NNグループ]]として分離([[2016年]]に株式全額売却<ref>{{cite web|url=http://www.reuters.com/article/idUSFWN17H0PL|title=ING Groep to sell remaining shares in NN Group|publisher=ロイター|language=英語|date=2016-04-14|accessdate=2016-12-09}}</ref>)。
* [[2015年]] - 日本法人のアイエヌジー生命保険株式会社、アイエヌジー投信株式会社がそれぞれ商号変更の上、NNグループへ移行。
* [[2018年]] - 9月4日オランダ検察当局へ和解金7億7500万ユーロ(不当利得1億ユーロ込み)を支払うことに合意した。2010-16年にかけて措置を怠りINGの銀行口座を[[資金洗浄]]に使わせた疑い。[[世界金融危機]]より継続している調査で国際通信業者[[:en:VEON|VEON]]がING口座で資金洗浄したケースが氷山の一角とされており、政治問題としてもウズベキスタン元大統領[[イスラム・カリモフ]]の娘[[グリナラ・カリモヴァ]]が所有する企業に数百万ドルの賄賂を送金したケースが発覚したという。VEONは多様な[[機関投資家]]の所有する企業であるが、2017年12月30日の主要株主としてファラロン([[:en:Farallon Capital|Farallon Capital]], 1.68%)、[[フィデリティ・インベストメンツ]](1.12%)、[[モルガン・スタンレー]](0.89%)、[[BNPパリバ]](0.83%)、[[エクソール]](0.76%)、[[プルーデンシャル]](0.57%)、[[バンカメ]](0.49%)を挙げることができる。<ref>[[日経新聞]]電子版 「ING、和解金1000億円で合意 資金洗浄巡り蘭当局と」 2018/9/5 9:27</ref><ref>[[ロイター|Reuters]], "ING penalty puts Europe's money laundering controls on the spot", September 5, 2018</ref><ref>YahooFinance, "[https://finance.yahoo.com/quote/VEON/holders?p=VEON Top Institutional Holders]", Retrieved 27 Sep. 2018</ref>
 
== スポーツスポンサー ==
匿名利用者