「ビグ・ザム」の版間の差分

(順序変更)
 
== ビグ・ザムール ==
; BYG-ZAMURU
『[[A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-]]』に登場(型式番号:'''AMA-01S''')
 
漫画『[[A.O.Z Re-Boot ガンダム・インレ-くろうさぎのみた夢-]]』に登場(型式番号:'''AMA-01S''')
ジオンマーズがビグ・ザムの後継機として開発した拠点攻略用のMA。2門のメガ粒子砲のほか、ミサイルを装備するなど、極めて高い攻撃力を有します。機体後部に配したブースターによる機動力に加え、逆関節を採用するなど、地上の走破性も考慮した設計がなされている点が特徴です。
 
[[第一次ネオ・ジオン抗争]]時に、アクシズの地球降下作戦に協力するため、ジオンマーズが開発した機体。ビグ・ザムのコンセプトを引き継いだ[[ネオ・ジオンの機動兵器#ジャムル・フィン|ジャムル・フィン]](アクシズでは未完成のまま小型MAに改修)の開発を、ジオンマーズが独自に続行し完成した機体であり、ジャムル・フィンの完成形とも呼ばれる(アクシズで想定されていた本来の完成形の設計も存在する)<ref name="reboot57">[http://hobby.dengeki.com/aoz/illust/reboot38/ 「A.O.Z Re-Boot Vol.57」『電撃ホビーウェブ』KADOKAWA]</ref>。
 
機体前部中央に大出力の拡散および収束偏向式ハイ・メガ粒子砲を上下に2門搭載する。これらはそれぞれジャムル・フィンの胴体部となっており、同機の簡易式アームに代わって偏向ブレードが装備され、ビームの拡散率を調整する(この胴体部は脱出ポッドとしても機能する)。また、本機の股間部に折り畳まれている砲身を併用することで、長距離砲撃も可能となる<ref name="reboot57" />。
 
ビグ・ザムと同様に、機体上部にIフィールド・ジェネレーターを搭載、側面には収納式の拡散メガ粒子砲を多数装備しているが、これらはアップグレードされている。また、ビグ・ザムの欠点であった稼働時間の制限も解決されており、長時間の運用が可能となっている。さらに[[ビグロ]]の設計もフィードバックされており、背部に大型ブースターを搭載、頭部の左右には4連装ミサイルを装備しているほか、脚部(クロー)を折り畳むことにより高機動形態へと変化する(そのため脚部は逆関節の鳥脚状になっている)。また、ビグ・ザムとガンダムの戦訓から、機体前部にクロー・アームを内蔵しており、MSとの近接戦闘も可能になっている。なお、本機はニュータイプあるいは[[強化人間]]による単独での操縦が想定されている。塗装はグリーンを基調とする<ref name="reboot57" />。
 
ミノフスキー・クラフトを搭載した艦艇による直接降下が可能となったため、本機は地球降下作戦では運用されていない<ref name="reboot57" />。
 
== ビグ・ザウーラ ==
3,732

回編集