「アーサー・マイケル」の版間の差分

m
'''アーサー・マイケル'''(Arthur Michael、[[1853年]][[8月7日]] - [[1942年]][[2月8日]])は、[[マイケル付加]]でよく知られている[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の有機[[化学者]]である<ref>{{cite doijournal|last1=Costa|first1=Albrt B.|title=Arthur Michael (1853-1942). The meeting of thermodynamics and organic chemistry|journal=Journal of Chemical Education|volume=48|issue=4|year=1971|pages=243|issn=0021-9584|doi=10.1021/ed048p243}}</ref><ref name="Fieser, Louis 1975 331 – 366">{{Cite journal |last1=Fieser |first1=Louis F. |year=1975 |chapter=Arthur Michael |url=http://www.nap.edu/books/0309022401/html/330.html |editor=National Research Council |editor-link=United States National Research Council |title=Biographical Memoirs |series=[[National Academy of Sciences]] |volume=46 |location=Washington, DC |publisher=[[National Academies Press]] |pages=330–367 |isbn=0-309-02240-1 |oclc=10550426}}</ref><ref>{{cite doijournal|last1=Poon|first1=Thomas|last2=Mundy|first2=Bradford P.|last3=Shattuck|first3=Thomas W.|title=The Michael Reaction|journal=Journal of Chemical Education|volume=79|issue=2|year=2002|pages=264|issn=0021-9584|doi=10.1021/ed079p264}}</ref>。
 
== 生涯 ==
1853年、[[ニューヨーク州]]の[[バッファロー (ニューヨーク州)|バッファロー]]にて裕福な不動産投資家であったジョンとクララ・マイケルの子どもとして生まれた<ref name=Tokoroyama>{{cite doijournal|last1=Tokoroyama|first1=Takashi|title=Discovery of the Michael Reaction|journal=European Journal of Organic Chemistry|volume=2010|issue=10|year=2010|pages=2009–2016|issn=1434193X|doi=10.1002/ejoc.200901130}}</ref>。化学は地元の教師と彼の手製の実験室で学んだ。病気により[[ハーバード大学]]に通うことを断念したが、1871年に[[ヨーロッパ]]を旅行した際に[[ドイツ国|ドイツ]]に[[留学]]することを決心した。
 
[[フンボルト大学ベルリン|ベルリン大学]]の[[アウグスト・ヴィルヘルム・フォン・ホフマン|ホフマン]]化学実験室で研究したのち、[[ルプレヒト・カール大学ハイデルベルク|ハイデルベルク大学]]では[[ロベルト・ブンゼン]]に、2年後には再度ホフマンに師事した。彼はそのとき[[留年]]のために、[[パリ]]の薬科大学で[[アドルフ・ヴュルツ]]に、[[サンクトペテルブルク]]の[[ドミトリ・メンデレーエフ]]に師事した。
 
==研究==
最も有名なのは[[マイケル付加]]と呼ばれる反応である。マイケルの定義によれば、[[ケトン]]または[[アルデヒド]]の[[エノラート]]イオンと[[エノン|α,β-不飽和カルボニル化合物]]のβ炭素に結合させる反応である<ref>{{cite doijournal|last1=Michael|first1=A.|title=Ueber die Addition von Natriumacetessig- und Natriummalonsäureäthern zu den Aethern ungesättigter Säuren|journal=Journal für Praktische Chemie|volume=35|issue=1|year=1887|pages=349–356|issn=00218383|doi=10.1002/prac.18870350136}}</ref> 。
 
== 活動、栄誉 ==
55,722

回編集