「枠 (多面体)」の版間の差分

文中・カテゴリの「幾何学」も「初等幾何学」に変更と、英語名に要出典を付けました。P.S.ノートを細部編集にしてしまったのはミスです…。
(文中・カテゴリの「幾何学」も「初等幾何学」に変更と、英語名に要出典を付けました。P.S.ノートを細部編集にしてしまったのはミスです…。)
{{Otheruseslist|初等幾何学の用語|その他の用法|枠}}
 
[[初等幾何学]]において'''枠''' ({{要出典|範囲=''Vertices''|date=2018年9月28日 (金) 11:05 (UTC)~|title=通常は頂点を意味するVertexの複数形}}) とは、非凸[[多胞体]]([[星型多角形]]、[[星型多面体]]など)の頂点をつないだときにできる[[図形]]であり、その多胞体が入る最小の[[体積]]の凸多胞体のことをいう。
 
正複合多面体の枠は、[[正多面体]]、[[準正多面体]]になる。[[星型正多面体]]の場合も同様である。[[ダ・ヴィンチの星]]の枠は、もとの正多面体と[[双対多面体|双対]]の関係にある[[多面体]]になる。また、星型の枠は元の立体の双対の関係にあるどちらかになることが多い。
{{Elementary-geometry-stub}}
{{デフォルトソート:わく}}
[[Category:初等幾何学]]
[[Category:数学に関する記事]]
[[en:frame]]