「ワクチン」の版間の差分

1964年(昭和39年)に始まった、インフルエンザワクチンの被害を訴える訴訟は、1980年代まで長く続き報道された<ref>{{cite news |author=高橋真理子 |title=常識破りの連続だったインフルワクチン報道 |url=http://webronza.asahi.com/science/articles/2014112200024.html |date=2014-11-21 |newspaper朝日新聞WEB RONZA= |accessdate=2018-04-10}}</ref>。続く予防接種による訴訟によって、1976年(昭和51年)に[[予防接種法]]が改正され、救済制度が設立された<ref name="naid40000600648">{{Cite journal |和書|author=堀勝洋 |date=1982-09 |title=社会保障法判例 - 児童の障害が種痘に起因すると認められ、予防接種法による障害児養育年金の不支給決定が取り消された事例 |journal=季刊社会保障研究 |volume=17 |issue=4 |pages=469-474 |url=http://www.ipss.go.jp/syoushika/bunken/data/pdf/sh170408.pdf|format=pdf}}</ref>。
 
日本は、1980年代までワクチン先進国とされていたが、副作用による訴訟が相次ぎ、[[厚生省]]とメーカーが開発・接種に消極的になった結果、日本は'''ワクチン後進国'''呼ば言わていることもある<ref>[http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=29767 製薬大手、ワクチンに活路]:[[読売新聞]]</ref>。日本で予防接種が徹底されないために、[[カナダ]]に修学旅行に行った生徒が、現地では根絶されている[[麻疹]]に感染したため、[[ホテル]]から外出禁止となり、[[修学旅行]]が打ち切りになり帰国することが報道された。小児用の[[Hibワクチン]]は、先進国に大幅に遅れて認可されたが、当時[[アジア]]で認可されていないのは、[[朝鮮民主主義人民共和国|北朝鮮]]と日本だけであった
 
日本で予防接種が徹底されないために、カナダに修学旅行に行った生徒が、現地では根絶されている[[麻疹]]に感染したため、ホテルから外出禁止となり、修学旅行が打ち切りになり帰国することが報道された。小児用の[[Hibワクチン]]は、先進国に大幅に遅れて認可されたが、当時アジアで認可されていないのは、[[朝鮮民主主義人民共和国|北朝鮮]]と日本だけであった。
 
日本の主な製造メーカーを挙げる。
20,583

回編集