「鈴木靖民」の版間の差分

編集の要約なし
 
{{Infobox 学者
| name = 鈴木 靖民
| image =
| image_size =
| caption =
| birth_date = {{birth date|1941|7|30}}
| birth_place = {{JPN}}[[北海道]]
| death_date =
| death_place =
| othername =
|main_interests = 日本古代史、東北アジア古代史
|alma_mater = <!--母校-->
|workplaces = [[國學院大學]]
|degree = <!--学位-->
| URL =
| yearsactive =
| spouse =
| children =
}}
'''鈴木 靖民'''(すずき やすたみ、[[1941年]][[7月30日]]<ref>『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.323</ref> - )は、日本の[[歴史学者]](日本古代史、東北アジア古代史)、[[國學院大學]]名誉教授。[[横浜市歴史博物館]]館長。
 
==略歴==
[[北海道]]生まれ。1964年、[[國學院大學]]文学部史学科、1969年同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。[[國學院大學]]文学部助教授、教授、1987年「古代対外関係史の研究」で國學院大學[[文学博士]]。2012年定年退任。2011年7月より第3代[[横浜市歴史博物館]]館長。2013年『[[倭国]]史の展開と東アジア』で[[角川源義賞]]受賞。
 
古代国家形成を[[文化人類学]]の首長制社会論を発展させて提唱。(「倭国史の展開と東アジア」 岩波書店 2012年 あとがき)そもそも、「[[石母田正]]氏の提起した在地首長制論を継承する同学の方々が独自の解釈を展開したのとは逆に、そのもとを探って米欧の研究に深入りした」(同書 あとがき)結果である。また、「[[前方後円墳]]の巨大化は、基本的に共同体の代表としての継承資格を継承儀礼により獲得したことを、共同体成員に対してより明確に示すためになされたものであろう」(同書 第13章 P.347)と、独自の古代国家形成論から、一部の考古学者が主張する初期国家体制論を否定している。
*『古代王権と交流 1 古代蝦夷の世界と交流』名著出版 1996
*『日本古代の国家と祭儀』林陸朗共編 [[雄山閣出版]] 1996
*『[[木簡]]が語る古代史』[[平野邦雄]]共編 吉川弘文館 1996-2001
*『烽の道 古代国家の通信システム シンポジウム』「古代国家とのろし」宇都宮市実行委員会/[[平川南]]共編 [[青木書店]] 1997
*『倭国と東アジア』日本の時代史 吉川弘文館 2002
匿名利用者