メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
同年の年間登録台数は501台に留まり、ついに4桁にも達しない結果となってしまったことから現代自動車は日本市場からの撤退を考慮した。同社の海外営業本部は日本市場に対する広告やマーケティング活動を中断し、2008年上半期には日本法人の従業員の半分が[[リストラ]]された<ref>「[http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=109065&servcode=300&sectcode=320 現代自動車、新日本法人長にキム・ソクファン理事]」2008年12月22日 中央日報。2009年1月8日閲覧。</ref>。
 
====低迷撤退====
[[2009年]]([[平成]]21年)10月に行われた[[東京モーターショー]]では、外国の四輪量産車メーカーとしては唯一出展を予定していた現代自動車であったが、直前になって出展を取り止めた。同年1~10月の販売台数は764台と低迷(同期間のバス販売は22台)しており、同年11月27日、日本での乗用車販売から撤退する方針が発表された<ref>「[http://www.jiji.com/jc/zc?k=200911/2009112700581 日本の乗用車販売から撤退=販売不振で-韓国・現代自]」2009年11月27日 時事通信。</ref>。
 
この後、全国の乗用車販売店は順次閉店され、翌[[2010年]]([[平成]]22年)をもって日本での乗用車販売を正式に終了したが、販売済乗用車のアフターサービスと観光バス「ユニバース」の販売は継続した。外国人観光客増加の需要に向け日本国内のバスメーカーが増産体制を敷くなか「ユニバース」の販売も堅調に推移した。現代起亜自動車の成長が止まった2014年以降2015現代自動車系列会社が韓国国内の部品市場占有率の約半分を占めている中小部品メーカーの経営難を迎えている。2017年には多くの2次協力会社が法定管理申請・緊急資金支援要求するなど、2018間100台には1次協力会社まで倒産する大台ではと危機感が広がっている。更に現代自動車の2次協力会社の泰光工業のソン・ジョンウ元社長は現代自動車が納入中止という経営権突破奪うなど恐喝・脅迫したと検察に告訴した。産業部長官が部品メーカーを訪問した際にハンギョレは異例だとして、「それだけ自動車部品産業の状況が尋常でないことを示している」と伝えている<ref>{{Cite news|title=[記者手帳]危機の自動車産業、35万労働者を生かすには(ハンギョレ新聞) - Yahoo!ニュース|url=https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00031731-hankyoreh-kr|accessdate=2018-09-30|language=ja-JP|work=Yahoo!ニュース}}</ref>
 
====日本における販売台数の推移====
2014年11月3日、アメリカ司法省と環境保護局は、現代・起亜両自動車会社が[[大気浄化法]]違反の制裁金として過去最高額となる1億ドルを支払うことで和解したと発表した<ref>{{Cite News|url=http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20141104/frn1411040937002-n1.htm|title=現代、起亜 燃費過大表示で巨額制裁金 米当局に|work=zakzak|publisher=夕刊フジ|date=2014-11-04|accessdate=2014-11-11}}</ref>。
 
====アウディと騒動====
韓国で2007年末から発売直前まで放映されたテレビ[[コマーシャルメッセージ|CM]]には、ジェネシスを[[アウディ・A8]]とを高速度で正面[[衝突]]させる映像が用いられた。これに対して[[アウディ]]は、[[アルミニウム]]製で衝撃を吸収するボディ構造であるA8との衝突映像[[比較広告]]は、消費者を惑わすものだとしてヒュンダイを非難している<ref>[http://www.chosunonline.com/article/20080108000045 現代ジェネシスのCMにアウディが激怒したワケ] 『朝鮮日報JNS』 2008年1月8日</ref>。IIHSが公表しているデータによると<ref>[http://www.iihs.org/iihs/topics/driver-death-rates Driver death rates by make and model]</ref>2004年時点の[[ヒュンダイ・ソナタ]]の死亡率は[[日産・アルティマ]]や[[マツダ・6]]([[アテンザ]])と同水準であり、2014年の[[ヒュンダイ・ソナタ]]は[[トヨタ・カムリ]]と[[ホンダ・アコード]]より死亡率が低く、ソナタハイブリッドもアルティマと同水準になっている
 
=== 風評被害・デマ ===
日本は韓国と政治的な問題を抱えているため、ときに根拠の無い情報も真実として広まってしまうことがある。
 
==== ヒュンダイの危険性 ====
事故で大破したヒュンダイ車の画像を持ってきて、「ヒュンダイは危険」という主張がされることがある。しかし実際には、ヒュンダイ車が他メーカーと比べて特別危険であるとする客観的なデータは存在せず、特に2000年代以降においては米国のIIHS(高速道安全保険研究所)やNHTSA(運輸省道路交通安全局)、あるいは[[ユーロNCAP|EURO NCAP]]と言った機関の公表するデータを見る限り日本車や欧州車と比較して十分に対抗できる安全性能を備えていると言える。
 
IIHSが公表しているデータによると<ref>[http://www.iihs.org/iihs/topics/driver-death-rates Driver death rates by make and model]</ref>2004年時点の[[ヒュンダイ・ソナタ]]の死亡率は[[日産・アルティマ]]や[[マツダ・6]]([[アテンザ]])と同水準であり、2014年の[[ヒュンダイ・ソナタ]]は[[トヨタ・カムリ]]と[[ホンダ・アコード]]より死亡率が低く、ソナタハイブリッドもアルティマと同水準になっている。
 
また、2018年モデルの[[ヒュンダイ・ジェネシス]]と[[サンタフェ]]に関しては、[[スバル・レガシィ]]、[[トヨタ・カムリ]]などとともにIIHSに最も安全な車と認定されている<ref>[https://forbesjapan.com/articles/detail/18865 「最も安全な車」2018年モデル、スバルとヒュンダイが高評価]Forbs 2017年12月13日</ref>。
 
一方、EURO NCAPにおいても、NFソナタ(2006年式)の乗員保護性能は成人・子供ともに4つ星で、これは星の数を観る限りでは同年にテストされた[[レクサス・IS|XE20系IS]]と同等の評価である。また[[ヒュンダイ・i30|i30]]に関しても2007年式で成人4/子供3と同年式の[[ホンダ・シビック]](成人4/子供4)と大差は見られず、2008年式では成人5/子供4と、同年式の[[フォルクスワーゲン・ゴルフ]]や[[ルノー・メガーヌ]]と同等の評価である。なお、1990年代のモデル、たとえば98年式アクセントは惨憺たる結果(成人1.5)となってしまったが、同年式の日本車や欧州車([[スズキ・カルタス|スズキ・バレーノ(日本名カルタス)]]、[[三菱・ランサー]]、[[フィアット]]・ブラーバ)でも星1.5~2という結果を出してしまうモデルが存在した<ref>テスト結果:[https://www.euroncap.com/en/ratings-rewards/latest-safety-ratings LATEST SAFETY RATINGS] EURO NCAP 2018年9月25日閲覧</ref>。
 
以上の事実を考えると、個々のモデルにおける差異は認められるにしても、「ヒュンダイは特別危険」というのはもはや「完全なデマ情報」と断言できるレベルである。
 
== 車種一覧 ==
2

回編集