「礼拝堂」の版間の差分

編集の要約なし
'''礼拝堂'''(れいはいどう)は、主にキリスト教建築の用語であり
 
*[[礼拝]]のために恒久的に確保された専用空間のうち、以下に示す何らかの理由により「'''[[聖堂]]'''」と呼ばれないもの。
**[[教会堂|教会]](=宗教施設)の構内において、主祭壇を囲む主たる礼拝空間「聖堂」とは別個に存在する、副次的な礼拝空間。建屋としての聖堂の内部か外部かを問わない。(この場合、[[カトリック教会]]では「小聖堂」と呼ばれることが多い<ref name="Shouseidou">カトリック教会では、教会構内で主たる聖堂とは別個に存在する礼拝空間は「小聖堂」と呼ばれることが多い。[http://kawaramachi3.com/miyako2.html カトリック河原町教会 「都の聖母」小聖堂]、[http://st.cat-v.ne.jp/catholic-sendai/mototerakoji.html カトリック仙台司教区 元寺小路教会]など。</ref>。)
**[[教会]](=信仰共同体)の所有ではない礼拝空間(→[[チャペル]])。マルティリウムも本来はこれに属する。
 
カトリックや[[正教会]]など[[聖人]]の概念をもつ教派では、礼拝堂は聖堂の捧げられた聖人等とは別に、聖人や何かの出来事を記憶し、その名で呼ばれるのが基本である。これに対し、プロテスタントでは大小や数で呼び分けることが多い。ただしカトリック等でも、慣習として、設置者の名前やその礼拝堂が付属している建物の名前で呼ばれることは珍しくない。たとえば[[システィーナ礼拝堂]]は、発願者の教皇[[シクストゥス4世 (ローマ教皇)|シクストゥス4世]]にちなんだ名で呼ばれている。
 
[[ユダヤ教]]における会堂([[シナゴーグ]])、[[イスラム教]]における[[モスク]]、[[仏教]]における[[仏堂]]のことである。仏教では「らいはいどう」と読む。
 
== 概要 ==
* [[寺院]]
* [[モスク]]
* [[礼拝所及び墳墓に関する罪|礼拝所不敬罪]]
 
{{DEFAULTSORT:れいはいとう}}
匿名利用者