「ツープラトン」の版間の差分

編集の要約なし
 
{{Otheruses|'''プロレス'''の戦術|'''野球'''の戦術|プラトーン・システム}}
'''ツープラトン'''(''twoTwo platoonsPlatoons'')、または'''ダブルチーム'''(''double team'')とは、[[プロレス]]の[[タッグマッチ]]において二で2人のレスラーが協同し技を繰り出すことである。'''合体技'''、'''同時技'''、'''合わせ技'''、'''ダブル'''('''トリプル''')'''技'''などとも呼ばれる
 
== 概要 ==
代表的なツープラトン攻撃を抜粋して記載する。
=== 打撃技 ===
[[File:Double dropkick.jpg|thumb|[[レイザーラモンHG]][[黒木克昌|アラン黒木]]によるダブル・ドロップキック]]
; [[ドロップキック]]
: 2人同時にドロップキックを仕掛ける。
; [[十六文キック|フロント・ハイキック]]
: 2人同時にフロント・ハイキックを掛ける。互いに肩を組んで仕掛ける場合が多い。
; サンドイッチ式[[ラリアット]]
: 相手の前後から挟み込むように同時にラリアットを仕掛ける。「[[キン肉マンのタッグ#タッグ技一覧|クロス・ボンバー]]」とも呼ばれる。
; サンドイッチ式[[延髄斬り]]
: 相手の前後から挟み込むように同時に延髄斬りを仕掛ける。
 
=== 投げ技 ===
; ハイジャック式[[パイルドライバー]]
[[ファイル:Dudleydeathdrop.jpg|right|thumb|[[ランス・ストーム]]にDudley Death Drop (3-D) を仕掛けるダッドリー・ブラザーズ]]
: コーナー付近で、1人が[[パイルドライバー#ドリル・ア・ホール・パイルドライバー|ドリル・ア・ホール・パイルドライバー]]の状態で持ち上げ、もう1人がコーナーに登り、コーナー上から相手の両足を掴み、そのまま飛び降りる。その勢いを利用して、もう1人がパイルドラバーを仕掛ける。
;ハイジャック式パイルドライバー
; [[ブレーンバスター]]
:コーナー付近で、1人が[[パイルドライバー#ドリル・ア・ホール・パイルドライバー|ドリル・ア・ホール・パイルドライバー]]の状態で持ち上げ、もう1人がコーナーに登り、コーナー上から相手の両足を掴み、そのまま飛び降りる。その勢いを利用して、もう1人がパイルドラーバーを仕掛ける。
;[[: 2人同時に相手に組み付いて、協力して持ち上げてブレーンバスター]]を仕掛ける。
; [[パワーボム]]
:2人同時に相手に組み付いて、協力して持ち上げてブレーンバスターを仕掛ける。
: 1人がパワーボムの体勢で持ち上げた時、もう1人が正面から相手の頭部を掴み、2人の力を加えながら、背面からマットに叩き付ける。
;[[パワーボム]]
; [[バックドロップ]]
:1人がパワーボムの体勢で持ち上げた時、もう1人が正面から相手の頭部を掴み、2人の力を加えながら、背面からマットに叩き付ける。
: 2人同時に相手に組み付いて、協力して持ち上げてバックドロップを仕掛ける。
;[[バックドロップ]]
; [[チョークスラム|喉輪落とし]]
:2人同時に相手に組み付いて、協力して持ち上げてバックドロップを仕掛ける。
: 2人同時に相手に組み付いて、協力して持ち上げてブレーンバスター喉輪落としを仕掛ける。
;[[チョークスラム|喉輪落とし]]
; スーパー・[[パワーボム]]
:2人同時に相手に組み付いて、協力して持ち上げて喉輪落としを仕掛ける。
: 1人がコーナーに立ち、もう1人(あるいは2人が)相手を逆さまにしてコーナー上の1人に渡す。コーナー上の者はパワーボムの体勢で飛び降り、そのとき下の者が力を添えて協力する。
;スーパーパワーボム
; 3D([[ダッドリー・デス・ドロップ]]
:1人がコーナーに立ち、もう1人(あるいは2人が)相手を逆さまにしてコーナー上の1人に渡す。コーナー上の者はパワーボムの体勢で飛び降り、そのとき下の者が力を添えて協力する。
: 相手をロープに振り、返ってきたところを1人が正面から相手を捕まえて上空に放り上げ、下半身の辺りを抱え込む。その相手の頭部を、もう1人が助走を付けて空中で両手で掴んで、[[エース・クラッシャー#新型(改良型)|エース・クラッシャー]]の形で倒れ込みながら、もう1人もそれに合わせて倒れ込み、相手を顔面からマットへ叩きつける。
;3D([[ダッドリー・デス・ドロップ]])
; バックドロップ喉輪落とし・チョークスラム
:相手をロープに振り、返ってきたところを1人が正面から相手を捕まえて上空に放り上げ、下半身の辺りを抱え込む。その相手の頭部を、もう1人が助走を付けて空中で両手で掴んで、[[エース・クラッシャー#新型(改良型)|エース・クラッシャー]]の形で倒れ込みながら、もう1人もそれに合わせて倒れ込み、相手を顔面からマットへ叩きつける。
: 1人がバックドロップで担ぎ上げた時に、もう1人が喉輪落としチョークスラムの要領で相手の首を掴み、バックドロップで相手を倒すと同時に、それに合わせて喉輪落としをかけるように相手を押し倒す。
;バックドロップ喉輪落とし
; 眉山
:1人がバックドロップで担ぎ上げた時に、もう1人が喉輪落としの要領で相手の首を掴み、バックドロップで相手を倒すと同時に、それに合わせて喉輪落としをかけるように相手を押し倒す。
: 1人が相手の背後から[[ジャーマン・スープレックス]]の体勢で抱え込む。そして、もう1人がその背後から味方をジャーマン・スープレックスの体勢で抱え込み、そのまま後方へジャーマン・スープレックスで投げ捨てる。そのため、味方ごと相手も投げ捨てることになり、通常のジャーマン・スープレックスよりも高い角度で決める事ができる。反面、味方にもダメージが及ぶ欠点がある。
;眉山
; 俺ごと刈れ
:1人が相手の背後から[[ジャーマン・スープレックス]]の体勢で抱え込む。そして、もう1人がその背後から味方をジャーマン・スープレックスの体勢で抱え込み、そのまま後方へジャーマン・スープレックスで投げ捨てる。そのため、味方ごと相手も投げ捨てることになり、通常のジャーマン・スープレックスよりも高い角度で決める事ができる。反面、味方にもダメージが及ぶ欠点がある。
: 1人が後方から相手の腰を両腕で抱え込んで持ち上げる。そこへ正面からもう1人が味方ごと相手に[[STO]]を掛ける。それにより相手はジャーマン・スープレックスを喰らったように後方へ叩き付けられる。通常のジャーマンよりも、STOの威力がある分、大きなダメージを与えられる。しかし、味方にもダメージが及ぶ。[[橋本真也]]が[[プロレスリングZERO-ONE]]時代に[[小川直也]]とのタッグを組んだ時に、橋本が自分はその味方でありながらダメージを食らう事を覚悟をの上で開発し、試合中に小川に大声で指示をし行われる合体技である。
;俺ごと刈れ
; 刈龍怒(かりゅうど)
:1人が後方から相手の腰を両腕で抱え込んで持ち上げる。そこへ正面からもう1人が味方ごと相手に[[STO]]を掛ける。それにより相手はジャーマン・スープレックスを喰らったように後方へ叩き付けられる。通常のジャーマンよりも、STOの威力がある分、大きなダメージを与えられる。しかし、味方にもダメージが及ぶ。[[橋本真也]]が[[ZERO-ONE]]時代に[[小川直也]]とのタッグを組んだ時に、橋本が自分はその味方でありながらダメージを食らう事を覚悟をの上で開発し、試合中に小川に大声で指示をし行われる合体技である。
: これも橋本小川の合体技で、小川のSTOと橋本の水面蹴りを合わせた合体技。
;刈龍怒(かりゅうど)
:これも橋本・小川の合体技で、小川のSTOと橋本の水面蹴りを合わせた合体技。
 
=== 合成技(打撃+投げ) ===
; [[ラリアット#ダブル・インパクト|ダブル・インパクト]]
: ツープラトン技の代表格。1人が相手を[[肩車]]で担ぎ上げたところへ、もう1人がコーナー上から相手をめがけて[[ラリアット#派生技ダイビング・ラリアット|ダイビング・ラリアット]]を喰らわせ同時に後方へ投げ捨てる。派生用法も多い。
 
== 関連項目 ==
{{Commons|Category:Professional wrestling double-team maneuvers}}
* [[プロレス技]]
* [[タッグマッチ]]
* [[タッグチーム]]
 
{{Martialart-stub}}