「営業職」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
'''営業職'''(えいぎょうしょく)は、見込み客に自社の物品・[[サービス]]または[[情報]]、といった財([[商品]])の購入を促して、売買契約を結ぶ職業である。
 
== 概説まんこ ==
[[販売]]を主たる業務とするが、ひと口に営業職と言っても、実際にはその仕事内容は様々であり<ref>永井滋『今日から営業マン』</ref>、[[業界]]・[[業種]]、扱う[[商品]]・[[サービス]]あるいは会社の規模などによって大きく異なるともされる<ref>『営業職大事典』p.6</ref>。ただし、いずれにせよ、営業職の原点は、人と人とのお付き合いであるという点では同じ<ref>長井滋『今日から営業マン』p.11</ref>とも、「[[コミュニケーション能力]]」と「意思決定を促す力」が必要とされる点では同じだ<ref>小笹芳央『モチベーション・マネジメント』p.29</ref>ともされる。
 
切り口により、営業の分類はさまざまである。決まった契約済み顧客を回る「ルートセールス」と「新規開拓営業」<ref>「近代中小企業 2007年3月号」p.11</ref>、顧客の種別による「法人営業」と「個人営業」<ref>ビジネス自体は「B to B」、「B to C」と区分することがある</ref>、活動地域による「国内営業」と「海外営業」などである。訪問形態による「アポあり」と「アポ無し」などの分類がなされることもある。
 
営業職に専従する者は俗に「'''営業マン'''」、「'''営業員'''」と称される。個人消費者の自宅を訪問して営業活動を行う者は、特に'''セールスマン'''・'''セールスウーマン'''とも呼ばれる。一方、企業、あるいは[[個人事業主]]を訪問する法人営業を行う者は、営業マンと呼ばれることが多い。
 
== 営業職の内容 ==
匿名利用者