「山川菊栄」の版間の差分

*『村の秋と豚 随筆集』宮越太陽堂書房 1941 
*『わが住む村』三国書房 1943 女性叢書/[[岩波文庫]] 1983 
*『武家の女性』三国書房、1943/ 1943 女性叢書/岩波文庫 1983 
*『明日の女性のために』鱒書房  1947
*『日本の民主化と女性』三興書林 1947
*『婦人解放論』鱒書房 1947. 社会思想新書
*『新しい賃銀原則 [[w:Beatrice Webb|ピアトリス・ウエップ]] 男女平等賃銀制の研究』国際文化労働社 1948
*『新しき女性のために』家の光協会 1949
*『平和革命の国 イギリス』慶友社 1954
*『女二代の記 わたしの半自叙伝』日本評論新社 1956
**「おんな二代の記」[[平凡社東洋文庫]] 1982、ワイド版2004。2004/岩波文庫 2014
*『覚書 幕末の水戸藩』[[岩波書店]] 1974/岩波文庫 19901991
*『女性解放へ 社会主義婦人運動論』日本婦人会議中央本部出版部 1977
*『二十世紀をあゆむ ある女の足あと』大和書房 1978
*『日本婦人運動小史』大和書房 1979
*『山川菊栄の航跡 「私の運動史」と著作目録』[[外崎光広]]・[[岡部雅子]] ドメス出版 1979
*『'''山川菊栄集'''』(全10巻・別巻1)、[[田中寿美子]]・山川振作編、[[岩波書店]]、1981-82
*『山川菊栄女性解放論集』全3巻、[[鈴木裕子 (女性史研究家)|鈴木裕子]]編、岩波書店、1984
*『山川菊栄評論集』鈴木裕子編、[[岩波文庫]]、1990 
*『山川菊栄集 評論篇』鈴木裕子編、全8巻別巻1 、鈴木裕子編、岩波書店、2011-12 
 
==共編著==
匿名利用者