「高儼」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
兄の[[後主 (北斉)|後主]]は高儼の聡明さと剛毅さが自らの地位を脅かすことを恐れて、たびたびその権限を削ろうと図った。[[571年]]([[武平 (北斉)|武平]]2年)、後主は高儼を北宮に移させ、5日に1回朝廷に出るのみと定め、それまでのように母の胡太后と毎日会えなくさせた。4月、高儼を[[太保]]に任じ、御史中丞・督京畿を除く兼任の官から全て解任させた。武庫のある北城から高儼を外に移させ、その後に兵権を剥奪した。高儼は[[和士開]]の専横を憎んで、その殺害を決意した。侍中[[馮子ソウ|馮子琮]]は後主を廃位して高儼を立てようと、これに賛同した。高儼は治書侍御史の王子宜に和士開の罪を弾劾させた。領軍の厙狄伏連に和士開を捕らえさせて御史に送らせ、馮永洛に和士開を斬らせた。
 
高儼はただ和士開を殺すだけのつもりだったが、ここにいたって事態を制御できなくなり、周囲に促されて京畿の軍士3000人あまりを率いて千秋門に駐屯した。後主は[[劉桃枝]]や馮子琮らを派遣して、高儼の入朝を求めたが、高儼は聞き入れなかった。[[斛律光]]の取りなしで高儼はようやく入朝し、一命を赦され、鄴の北城の白馬仏塔に幽閉された。厙狄伏連や高舎洛・王子宜・劉辟彊・翟顕貴らは捕らえられて、後園で後主の弓射の的にされた後に斬られ、鄴の城下に遺体をさらされた。母の胡太后は高儼が毒殺されるのを恐れて、高儼に与えられる食事は必ず自分で毒味をした。しかし[[陸令萱]]・何洪珍らは高儼を殺すよう後主に勧めた。後主が迷って[[祖珽]]に諮問すると、祖珽は[[周公旦]]が[[管叔鮮]]を処断し、[[季友]]が[[慶父]]を毒殺した故事を引きあいに決断をうながした。後主は高儼の身柄を晋陽に移させた。9月下旬、高儼は夜中に後主の呼び出しを受け、劉桃枝に殺害された。享年は14。[[572年]](武平3年)3月、鄴西に葬られた。'''楚恭哀帝'''の[[諡|諡号]]を贈り、胡太后を慰めた。
 
== 人物・逸話 ==
317

回編集