メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
| website = <!-- {{URL|example.com}} -->
}}
'''エドマンド・バーク'''({{lang-en-short|Edmund Burke}}、[[1729年]][[1月12日]] - [[1797年]][[7月9日]])は、[[アイルランド王国|アイルランド]]生まれの[[イギリス]]の[[政治思想|政治思想家]]、[[哲学者]]、[[政治家]]。「[[保守主義]]思想の父」として知られる。[[ダブリン]]で富裕な[[アイルランド国教会]]信徒の家庭に生まれ、[[1765年]]から[[1794年]]までイギリス[[庶民院 (イギリス)|庶民院]](下院)議員を務めた。
 
[[トーリー党 (イギリス)|トーリー党]](後の[[保守党 (イギリス)|保守党]])に対する[[ホイッグ党 (イギリス)|ホイッグ党]](後の[[自由党 (イギリス)|自由党]])の幹部を務めたため、バークを保守主義者ではなく自由主義者に分類する説もある。アメリカ独立革命運動を支持した一方、その後のフランス革命には反対した。反フランス革命の立場をとったので、彼はホイッグ党の保守派派閥の中で率先者となった。彼はこれを「旧ホイッグ」と呼び、チャーリー・ジェームズ率いるフランス革命支持派の「新ホイッグ」に反対した。
10,340

回編集