「クリス・テイラー (プロレスラー)」の版間の差分

翌[[1975年]]は[[アンドレ・ザ・ジャイアント]]や[[ダスティ・ローデス]]とも[[イワン・プトスキー]]を交えた6人タッグマッチでトリオを組み<ref>{{cite web|url=http://www.wrestlingdata.com/index.php?befehl=konst&letter1=C&wrestler1=41990&letter2=A&wrestler2=900&anzeige=team|title=André the Giant, Chris Taylor and Ivan Putski|accessdate=2013-08-18|publisher=Wrestlingdata.com}}</ref><ref>{{cite web|url=http://www.wrestlingdata.com/index.php?befehl=konst&letter1=C&wrestler1=41990&letter2=D&wrestler2=1588&anzeige=team|title=Chris Taylor, Ivan Putski and Dusty Rhodes|accessdate=2013-08-18|publisher=Wrestlingdata.com}}</ref>、また当時AWAに参戦していた[[タイガー戸口|キム・ドク]]とも対戦<ref>{{cite web|url=http://www.wrestlingdata.com/index.php?befehl=bios&wrestler=7098&bild=1&details=7&kampfland=3&jahr=1975&seite=3|title=The World's Largest Wrestling Database|accessdate=2013-08-18|publisher=Wrestlingdata.com}}</ref><ref>{{cite web|url=http://www.wrestlingdata.com/index.php?befehl=bios&wrestler=7098&bild=1&details=7&kampfland=3&jahr=1975&seite=4|title=The World's Largest Wrestling Database|accessdate=2013-08-18|publisher=Wrestlingdata.com}}</ref>。[[フロリダ州|フロリダ]]([[エディ・グラハム]]主宰の[[チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ]])、[[ジョージア州|ジョージア]]([[ジム・バーネット]]主宰の[[ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング]])、[[カンザスシティ (ミズーリ州)|カンザスシティ]]([[ボブ・ガイゲル]]主宰の[[ハート・オブ・アメリカ・スポーツ・アトラクションズ|セントラル・ステーツ・レスリング]])、[[ノースカロライナ州|ノースカロライナ]]([[ジム・クロケット・ジュニア]]主宰の[[ジム・クロケット・プロモーションズ|ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング]])など、[[NWA (プロレス)|NWA]]の主要テリトリーにも出場した<ref>{{cite web|url=http://www.wrestlingdata.com/index.php?befehl=bios&wrestler=7098&bild=1&details=7|title=1975: as Chris Taylor @ AWA, CSW, CWF, GCW, WCW|accessdate=2013-08-19|publisher=Wrestlingdata.com}}</ref>。
 
[[1976年]]は[[ニューヨーク]]の[[WWE|WWWF]]にも登場し、3月29日の[[マディソン・スクエア・ガーデン]]における定期戦で[[マイケル・シクルナ|バロン・マイケル・シクルナ]]に勝利<ref>{{cite web|url=http://www.wrestlingdata.com/index.php?befehl=bios&wrestler=7098&bild=1&details=7&liga=3&jahr=1976|title=The WWE match fought by Chris Taylor in 1976|accessdate=2013-08-19|publisher=Wrestlingdata.com}}</ref><ref>{{cite web|url=http://www.thehistoryofwwe.com/76.htm|title=WWE Yearly Results 1976|accessdate=2013-08-19|publisher=The History of WWE}}</ref>。本拠地のAWAでは、4月から5月にかけて[[ニック・ボックウィンクル]]の[[AWA世界ヘビー級王座]]に再三挑戦した<ref name="awa-h1">{{cite web|url=http://www.wrestlingdata.com/index.php?befehl=bios&wrestler=7098&bild=1&details=7&kampfland=3&jahr=1976|title=The World's Largest Wrestling Database|accessdate=2013-08-18|publisher=Wrestlingdata.com}}</ref><ref name="awa-h2">{{cite web|url=http://www.wrestlingdata.com/index.php?befehl=bios&wrestler=7098&bild=1&details=7&kampfland=3&jahr=1976&seite=2|title=The World's Largest Wrestling Database|accessdate=2013-08-18|publisher=Wrestlingdata.com}}</ref>。同年119月から10月にかけて当時の[[全日本プロレス西ドイツ]]の『スーパー・パワー・シリーズ』も遠征テイラーをコーチしたホフマンや[[ビルオットーロビンソ]]と共に後半戦特別参加で来日。12月2日のをはじめ、[[川崎市体育館新日本プロレス]]から海外修行いた[[ジャキラー・カーボ鶴田|小沢正志]][[ジャンボ鶴田試練の十番勝負|試練の十番勝負藤原喜明]]第7とも対した(小沢と藤原2人を相手を務めたが、1-1タイスコアの後、場外で[[ボハンディ・プレス#ジンピング・ボディ・レス|ジャンピングボディ・プレス]]を自爆しマッチも行われリングアウト負けを喫したいる)<ref name="ajpw"/><ref name="ajp276">{{cite web|url=httphttps://www.cagematchwrestlingdata.netcom/index.php?idbefehl=2bios&nrwrestler=33667098&pagebild=40&yeardetails=19767&liga=1485&promotionjahr=61976|title=MatchesThe «IBV Chrismatches Taylorfought by «Chris WrestlersTaylor Databasein « CAGEMATCH1976|accessdate=20132018-0810-1807|publisher=CagematchWrestlingdata.netcom}}</ref>。
 
同年11月、[[全日本プロレス]]の『スーパー・パワー・シリーズ』に、テイラーをコーチした[[ビル・ロビンソン]]と共に後半戦特別参加で来日。12月2日の[[川崎市体育館]]にて、[[ジャンボ鶴田]]の[[ジャンボ鶴田試練の十番勝負|試練の十番勝負]]第7戦の相手を務めたが、1-1のタイスコアの後、場外で[[ボディ・プレス#ジャンピング・ボディ・プレス|ジャンピング・ボディ・プレス]]を自爆してリングアウト負けを喫した<ref name="ajpw"/><ref name="ajp276">{{cite web|url=http://www.cagematch.net/?id=2&nr=3366&page=4&year=1976&promotion=6|title=Matches « Chris Taylor « Wrestlers Database « CAGEMATCH|accessdate=2013-08-18|publisher=Cagematch.net}}</ref>。来日中は[[アブドーラ・ザ・ブッチャー]]と組んで、[[ジャイアント馬場]]&[[ザ・デストロイヤー]]ともタッグマッチで対戦している(ロビンソンをパートナーに、ブッチャー&[[レオ・バーク]]との対戦も実現)<ref name="ajp276"/>。
 
[[1977年]]に体調を崩し引退を余儀なくされ<ref name="slam!"/><ref name="oww"/>、[[1979年]][[6月29日]]に[[狭心症]]で死去<ref name="ajpw"/>。{{没年齢|1950|06|13|1979|06|29}}。