「すだれ」の版間の差分

-「写真のように」。+ヘルプ。画像再配置。
(-「写真のように」。+ヘルプ。画像再配置。)
'''すだれ'''(簀垂れ、簾)とは、[[竹]]や[[ヨシ|葦]]などを編んで部屋の仕切りあるいは日よけのために写真のように吊り下げて用いるもの<ref name="jpo-card-C1">[https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pdf/card/C1.pdf 意匠分類定義カード(C1)] 特許庁</ref>。
[[画像:Hirafuku inaba06s2816.jpg|thumb|280px|立すだれ]]
'''すだれ'''(簀垂れ、簾)とは、[[竹]]や[[ヨシ|葦]]などを編んで部屋の仕切りあるいは日よけのために写真のように吊り下げて用いるもの<ref name="jpo-card-C1">[https://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/pdf/card/C1.pdf 意匠分類定義カード(C1)] 特許庁</ref>。
 
== 概要 ==
[[画像:Ch20_asagoHirafuku inaba06s2816.jpg|thumb|170px280px|[[源氏物語]]の中の御簾立すだれ]]
[[窓]]の外や軒先に垂らされ、日よけ、目隠し、虫よけなどの目的で使われる。[[夏]]の[[風物詩]]でもある。『[[万葉集]]』に秋の風で簾が動く様子を詠った[[短歌]]があり<ref>「君待つと我が恋ひおれば我が宿の簾動かし秋の風吹く」(巻四・四八八、作者:[[額田王]])</ref>、簾の歴史は少なくとも[[奈良時代]]まで遡る。
 
 
== 御簾 ==
[[画像:Ch20_asago.jpg|thumb|[[源氏物語]]の中の御簾]]
'''御簾'''(みす)とは、特に緑色の布の縁取りなどをした簾のこと。「ぎょれん」とも読む。[[大名]]や[[公家]]などが部屋の中や外を分けるのに使われていた。その歴史は長く、[[百人一首|小倉百人一首]]の人物描写にも「みす」が描かれている。[[清少納言]]の「高炉峰の雪は簾を掲げて見る」の逸話における簾(すだれ)は、御簾のことである。
神社で用いる御簾は、細く削った竹を赤糸で編み、縁を四方と内に縦に三筋附ける。本殿の御簾は鉤も鉤丸も外側に附けるが、それ以外は内側に附ける。かかげ方は、内巻に巻き上げると定められている<ref>『神社有職故実』76頁昭和26年7月15日神社本庁発行。</ref>。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
<references />