メインメニューを開く

差分

出典追加、Infobox 学者
{{Infobox 学者
'''田中 美知太郎'''(たなか みちたろう、[[1902年]](明治35年)[[1月1日]] - [[1985年]](昭和60年)[[12月18日]])は、[[日本]]の[[哲学者]]、[[西洋古典学]]者。[[京都大学]][[名誉教授]]。[[文学博士]](1950年)。
|名前=田中 美知太郎
|生年月日=[[1902年]][[1月1日]]
|生誕地=[[新潟県]][[新潟市]]
|没年月日={{死亡年月日と没年齢|1902|01|01|1985|12|18}}
|死没地=[[京都府]]<ref name="britannica">{{Cite web|url=https://kotobank.jp/word/%E7%94%B0%E4%B8%AD%E7%BE%8E%E7%9F%A5%E5%A4%AA%E9%83%8E-175968|title=田中美知太郎(たなかみちたろう)とは|accessdate=2018-10-09|work=ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典|publisher=コトバンク}}</ref>
|出身校=[[京都大学|京都帝国大学]]
|研究分野=[[哲学]]、[[西洋古典学]]
|研究機関=
|博士課程指導教員=
|他の指導教員=
|博士課程指導学生=
|主な指導学生=
|学位=[[文学博士]]
|称号=
|特筆すべき概念=
|主な業績=日本西洋古典学会設立、[[日本文化会議]]設立
|主要な作品=『ロゴスとイデア』
|影響を受けた人物=
|影響を与えた人物=
|学会=
|主な受賞歴=[[文化勲章]]、[[勲一等瑞宝章]]
|署名=
|公式サイト=
|脚注=
}}
 
'''田中 美知太郎'''(たなか みちたろう、[[1902年]](明治35年)[[1月1日]]<ref name="fujisawa">{{Cite journal|和書|author=藤澤(令夫?)|year=1986|title=田中美知太郎先生の御逝去を悼む|url=https://www.jstage.jst.go.jp/article/jclst/34/0/34_KJ00005744886/_pdf/-char/ja|journal=西洋古典学研究|volume=34|pages=179-180|format=PDF}}</ref> - [[1985年]](昭和60年)[[12月18日]]<ref name="fujisawa" />)は、[[日本]]の[[哲学者]]、[[西洋古典学]]者。[[京都大学]][[名誉教授]]。[[文学博士]](1950年)。
 
== 人物 ==
[[新潟県]]<ref name="fujisawa" />[[新潟市]]出身。[[ソクラテス]]・[[プラトン]]研究の第一人者として著作を多数出版し、[[西洋古典学]]の[[専門家]]を育成した。
 
[[1950年]](昭和25年)日本西洋古典学会を[[呉茂一]]、[[高津春繁]]、[[村川堅太郎]]、[[松平千秋]]等と設立<ref name="britannica" /><ref name="hossoku">{{Cite web|url=http://clsoc.jp/aboutcsj/historia/2012/2012_01.html|title=日本西洋古典学会発足の頃|accessdate=2018-10-09|publisher=日本西洋古典学会}}</ref>、呉の後任で委員長に就いた<ref name="hossoku" />(第2代、[[1956年]](昭和31年)~[[1965年]](昭和40年))。他に関西哲学会委員長、地中海学会副会長も務めた<ref name="fujisawa" />
 
戦後早くから保守系論客としても活躍した。[[サンフランシスコ講和条約]]の際には、多くが多数講和に反対する中で、[[小泉信三]]らと共に支持し、[[1968年]](昭和43年)には保守系団体「[[日本文化会議]]」([[1994年]](平成6年)解散)の設立に参画<ref name="britannica" />、終身理事長を務めた<ref name="fujisawa" />
 
== 略歴 ==
*[[開成中学校・高等学校|旧制開成中学校]]卒業後、[[上智大学]][[予科]]第1年2学期編入、[[本科]]中退
*[[1926年]]、京都帝国大学(現在の京都大学)[[文学部]]哲学科選科修了<ref name="fujisawa" />
*[[1928年]](昭和3年)、[[法政大学]]文学部[[講師 (教育)|講師]]
*[[1930年]](昭和5年)、[[東京文理科大学]](後の[[東京教育大学]])講師
*[[1945年]](昭和20年)[[5月25日]]、[[東京大空襲]]で[[焼夷弾]]の[[油脂]]を真正面から浴び、手と顔面が一変する瀕死の大火傷を負い<ref name="fujisawa" />、[[東京都]][[杉並区]]の河北病院に手術入院し、生死の境を2週間も彷徨うが、奇跡的に一命を取り留める。
*[[1947年]](昭和22年)、京都帝国大学文学部[[助教授]]<ref name="fujisawa" />
*[[1950年]](昭和25年)、京都大学文学部[[教授]]<ref name="fujisawa" />、『ロゴスとイデア』で[[文学博士]]京都大学)
*[[1965年]](昭和40年)、京都大学名誉教授
*[[1966年]](昭和41年)、[[龍谷大学]]文学部教授(-[[1976年]])<ref name="fujisawa" />
 
== 受賞歴・叙勲歴 ==
*1972年(昭和47年)- [[文化功労者]]<ref name="fujisawa" /><ref name="britannica" />
*1973年(昭和48年)- [[瑞宝章|勲二等瑞宝章]]、フェニックス十字勲章<ref name="fujisawa" />
*1978年(昭和53年)- [[文化勲章]]<ref name="fujisawa" />
*1982年(昭和57年)- 京都市[[名誉市民]]
*1985年(昭和60年)- 贈[[従三位]]、贈[[勲一等瑞宝章]]<ref name="fujisawa" />(没時叙位陞勲)
 
== 著作一覧 ==
=== 単著 ===
*『[[ソフィスト]]』弘文堂教養文庫 1941、筑摩書房 1957、講談社学術文庫 1977
*『ギリシア人の智慧』古今書院 1942、中央公論社 1947
*『言論の自由について』生活社 1946
*『愛国心について ソクラテスの場合』生活社 1946
*『古典的世界から 解説と評論』中央公論社 1946
*『ヒューマニズムの歴史』史学社 1947
*『[[ロゴス]]と[[イデア]]』岩波書店 1947/文春学藝ライブラリー 2014.6
*『ギリシア研究とヒューマニズム』要書房 1947
*『近代思想と古代哲学』みすず書房 1948
*『ヒューマニズムの意味』史学社 1948
*『政治的関心』思索社 1948
*『哲学初歩』岩波書店〈岩波全書〉 1950/岩波現代文庫 2007.1
*『西洋古代哲学史』弘文堂アテネ文庫 1951
*『哲学的人生論』河出書房(市民文庫) 1951 新版1954。実業之日本社〈実日新書〉 1970
*『善と必然との間に 人間的自由の前提となるもの』岩波書店 1952 復刊1977、1993
*『古典の智慧』河出書房〈河出新書〉 1953
*『哲学のために』新潮社〈一時間文庫〉 1954。第三文明社〈レグルス文庫〉 1977
*『原子力時代に思ふ 囘想と批評』新潮社 1954
*『思想の遠近』新潮社 1956
*『片隅からの発言』筑摩書房 1956
*『考えることのよろこび 哲学と人生』河出書房〈河出新書〉1956。雪華社 1965
*『[[ソクラテス]]』岩波新書 1957 
*『敢えて言う 政治・哲学論集』中央公論社 1958
*『自分の考えを大切にしよう』知性社(知性選書) 1958。「生きることの意味」学術出版会 2010.3(復刻新版)
*『正説と逆説』新潮社 1959
*『哲学的人生観』河出書房新社 1959
*『思ったこと考へたこと』有信堂 1960
*『学習帳から』新潮社 1962
*『自分のこと 世界のこと』文藝春秋新社 1965
*『古典の世界から』講談社(名著シリーズ) 1966
*『古典への案内-ギリシア天才の創造を通して』岩波新書 1967
*『哲学のために 思想との対話』講談社 1968
*『[[アクロポリス]]』講談社 1968-解説(原色写真文庫)
*『学問論 現代における学問のあり方』[[筑摩書房]](筑摩総合大学) 1969-選書判  
*『人生論風に』新潮社〈[[新潮選書]]〉 1969
*『[[トゥキディデス|ツキュディデス]]の場合 歴史記述と歴史認識』 筑摩書房 1970
*『直言、そして考察 今日の政治的関心』講談社 1971
*『時代と私』文藝春秋 1971 新装版1984
*『プラトン「饗宴」への招待』筑摩書房(私の古典) 1971
*『読書と思索』第三文明社〈レグルス文庫〉 1972
*『古典学徒の信条』文藝春秋(人と思想) 1972 
*『哲学入門』講談社学術文庫 1976
*『巻頭随筆』文藝春秋 1978、新装版1984
*『生きることの意味』藤森書店(人生の本) 1978
*『思想に強くなること』文藝春秋 1978
*『'''プラトン'''』全4巻 岩波書店 1979~84
**1 生涯と著作、2・3 哲学、4 政治理論 
*『自由社会の将来』聖教新聞社(文化教養シリーズ) 1980
*『現代の随想 田中美知太郎集』彌生書房 1981。北嶋美雪編
*『生きること考えること』彌生書房 1982、新装版1987、1995
*『市民と国家 政治論集』サンケイ出版 1983
*『人間であること』文藝春秋 1984/文春学藝ライブラリー 2018.2
*『古代哲学史』筑摩書房〈筑摩叢書〉 1985
*『今日の政治的関心』文藝春秋 1986
*『哲学からの考察 自然と人間』岩波書店 1986
*『哲学談議とその逸脱』新潮社〈新潮選書〉 1986
*『戦後四十年の発言 政治・教育・社会』筑摩書房 1987。加来彰俊・[[北嶋美雪]]編
 
*『'''プロティノス全集''' (全4巻別巻1)』 中央公論社 1986~87。監修
**元版は『[[世界の名著]]』。他にプラトン(I・II)・アリストテレスを責任編集。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 参考文献 ==
5,129

回編集