メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
『遣唐使研究と史料』『善隣国宝記』などの共同校訂・訳注、『対外関係史総合年表』『対外関係史辞典』の編集に対外関係史研究の泰斗である[[田中健夫]]の指揮のもとで従事するなどの実績も残した<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=86}}</ref>。
 
=== 評価 ===
{{内容過剰|section=1|date=2018年9月16日 (日) 12:56 (UTC)}}
==== 『日本渤海関係史の研究』への評価 ====
学界では、複数の研究者から[[第二次世界大戦後]]の日本における[[渤海国|渤海]]研究の第一人者と目されている。
* [[浜田久美子]]は「実証的、科学的な渤海史研究を切り開いたのが一九七〇年代に登場する石井と[[酒寄雅志]]である。2人は今日に至るまで渤海史研究をリードし、二〇〇一年にはその業績が、石井正敏『日本渤海関係史の研究』([[吉川弘文館]])、酒寄雅志『渤海と古代の日本』([[校倉書房]])の両著書にまとめられた。両著書は戦後歴史学における渤海史研究の集大成といっても過言ではなく、日本における渤海史研究のひとつの到達点が示されたことになる<ref>{{Cite book|和書|author=[[浜田久美子]]|authorlink=|date=2003-02|title=研究動向 渤海史研究の歩み--石井正敏氏、酒寄雅志氏の業績を中心に|series=歴史評論|publisher=[[校倉書房]]|isbn=|page=74}}</ref>」「石井・酒寄両氏の著書刊行により、渤海史研究は一つの節目を迎え、この刊行を機に新たな展開をみせていくことであろう<ref>{{Cite book|和書|author=[[浜田久美子]]|authorlink=|date=2003-02|title=研究動向 渤海史研究の歩み--石井正敏氏、酒寄雅志氏の業績を中心に|series=歴史評論|publisher=[[校倉書房]]|isbn=|page=82}}</ref>」と評している。
*[[鈴木靖民]]は石井の研究を、史料の細かな見直しから問題点をみつけだして新たな史実を改めて概念化することにより、歴史像を構築していくスタイルであると評している<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=82}}</ref>。また、「石井正敏が日本古代史、特に対外関係史の研究分野で歴史学界に登場したのは一九七〇年のことであり、それ以来、病気のために没する二〇一五年までおよそ四十五年、次々に対外関係史の様々な分野、テーマにわたって研究成果を公にし続けた。今日の日本における日本史および対外関係史の代表的研究者として学界内外に影響を与えてきた<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=78}}</ref>」「今日の対外関係史研究を代表する石井<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=80}}</ref>」「石井の主著と称してよい、精緻な実証性に富んだ巨冊、『日本渤海関係史の研究』<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=81}}</ref>」「石井が日本古代史の研究を対外関係の視点で積極的に推し進めてきたことは、その全業績をみれば一目瞭然である。今日のこの分野の学界が共有すべき通説を形成する研究の陣営に石井が加わり、その基礎となる成果の数々を担ってきたことは十分評価すべきであろう。石井の重厚な研究の一々を知って展望するなら、その学界に占めた高い位置をなんびとも否めない<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=81}}</ref>」「(朝鮮史上の歴史家及び思想家の渤海に対する認識を体系化した研究により)渤海の歴史が中国史の一部か、朝鮮史か、果たしてどちらに属するのかという中国・韓国・北朝鮮の間で交わされる国際的な論争の先駆的業績となるのであり、日本の学界における独自の着実な実証研究として忘れがたい<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=82}}</ref>」「渤海王の系譜の復元は諸国で錯綜する先学の案を検討し、史料を整合的に解釈し直したもので、渤海国史の解明に大いに寄与<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=83}}</ref>」「石井は日本の渤海との外交、次いで新羅との外交の両方を把握し直し、その性格をめぐって学界の普遍的な理解に対して異議申し立てをした<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=85}}</ref>」「(石井の渤海研究は)どれも従来の学説を研究史・学説史の丹念な追跡によって捉え直すか、あるいは独自に見つけた新史料により新たな史実を紹介し、析出して先鞭をつけるなどして、後々まで自身の学説をケアし、『更新』を続けてこだわった研究<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=83}}</ref>」と述べている。
 
==== その他の評価 ====
*[[村井章介]]は「石井の学問は、日本古代対外関係史、なかんずく渤海との関係史に機軸をおきつつも、日本史、東洋史という地域の枠、古代、中世、近世という時代の枠をのりこえて、貴重な遺産を史学界にのこした。この超域性を支えたものは、歴史情報の源泉としての史料へのあくなき執着であり、史料をして十全かつ公平に過去を語らせるという究極の目標を前にしたとき、地域や時代の枠づけなど、ときには來雑物でしかなかった」「あの地味きわまる石井の研究が、その学問的ポテンシャルゆえに、私の浅薄な視野をこえて大きな反響をよんでいることを、あらためて認識した」「石井の歴史学の特徴を、史料の一字一句に徹底的にこだわりつつ、他方で史料に跨って地域・時代を軽々と超える、という点」「第一は、遣唐使廃絶問題における『[[日本紀略]]』の「'''其'''日」、[[刀伊の入寇]]における『[[小右記]]』の「'''下'''懸檝」、平氏の日宋貿易介入における『[[長秋記]]』の「神崎御庄'''領'''」といった、たった一字-それも史料上あまりにもありふれた-を見すごさず、研究史を丹念にたどり史料を写本に遡って読みこむという研究手法である。その結論が研究史を大きく塗り替えてしまうことの凄みには、戦慄さえおぼえる。第二は、修士在籍中に書かれた処女論文における『国書開封権』という提起が、学界で長きにわたって重要な論点であり続けたり、就職後最初の論文で紹介された[[三別抄]]の日本請援史料が国際的な反響をよび、教科書叙述にまで反映されたりといった、あきれるほどの早熟さである。しかも晩年にいたるまでさまざまな反響に誠実に対応し続けたのだった。第三は、人物史研究に臨んで『一見のための百聞』、すなわち人物理解の前提となるあらゆる情報の蒐集をなおざりにしない態度」と評している<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=5-8}}</ref>。
*[[榎本渉]]は、「石井の講義で示されたのは、安易な結論を出す前に写本の異同や文字の用例への最新の目配りを行うなど、妥協のない緻密な考証を重ねる研究スタイルであった。私はこれに実に感心し、憧れたものである(当時ある同級生は、『あの先生、鮮やかだね』と言っていた)<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=10}}</ref>」「石井は関心対象の広大さとともに、研究手法としては一文字をゆるがせにしない緻密な考証を得意としていた。つまり石井の研究は、一つは空間的広がり、一つは時間的広がり、一つは緻密な考証を特徴としている<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=12}}</ref>」と評している。
匿名利用者