メインメニューを開く

差分

学界では、複数の研究者から[[第二次世界大戦後]]の日本における[[渤海国|渤海]]研究の第一人者と目されている。
* [[浜田久美子]]は「実証的、科学的な渤海史研究を切り開いたのが一九七〇年代に登場する石井と[[酒寄雅志]]である。2人は今日に至るまで渤海史研究をリードし、二〇〇一年にはその業績が、石井正敏『日本渤海関係史の研究』([[吉川弘文館]])、酒寄雅志『渤海と古代の日本』([[校倉書房]])の両著書にまとめられた。両著書は戦後歴史学における渤海史研究の集大成といっても過言ではなく、日本における渤海史研究のひとつの到達点が示されたことになる<ref>{{Cite book|和書|author=[[浜田久美子]]|authorlink=|date=2003-02|title=研究動向 渤海史研究の歩み--石井正敏氏、酒寄雅志氏の業績を中心に|series=歴史評論|publisher=[[校倉書房]]|isbn=|page=74}}</ref>」「石井・酒寄両氏の著書刊行により、渤海史研究は一つの節目を迎え、この刊行を機に新たな展開をみせていくことであろう<ref>{{Cite book|和書|author=[[浜田久美子]]|authorlink=|date=2003-02|title=研究動向 渤海史研究の歩み--石井正敏氏、酒寄雅志氏の業績を中心に|series=歴史評論|publisher=[[校倉書房]]|isbn=|page=82}}</ref>」「戦後の対外関係史研究を、渤海というテーマで進展させた第一人者として石井の名前を挙げないわけにはいかないであろう<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=151}}</ref>」「史料が少ないと言われる渤海史研究において、新史料を丁寧に読解した石井らしい論文、石井にしかできない研究<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=155}}</ref>」と評している。
* [[河内春人]]は「70年代から始まった渤海史再検討の動きは、90年代初頭になって方法論的に[[止揚]]することによって大きく加速しながら現在に至っている。かかる状況下において21世紀初めの年に、現在の渤海史研究をリードしてきた石井正敏氏の『日本渤海関係史の研究』(吉川弘文館)、酒寄雅志氏の『渤海と古代の日本』(校倉書房)という両著書が出版されたことは、渤海史研究がひとつの到達点に至ったことを示している」と評している<ref>{{Cite book|和書|author=[[河内春人]]|authorlink=|date=2002-06|title=渤海史研究の論点|series=唐代史研究|publisher=[[刀水書房]]|isbn=|page=106}}</ref>。また、石井の渤海研究方法の特徴として、「個々の史料について、字句一つ一つから徹底的に検討して一回毎の外交交渉の特質を明らかにする方法」を挙げ<ref>{{Cite book|和書|author=[[河内春人]]|authorlink=|date=2002-06|title=渤海史研究の論点|series=唐代史研究|publisher=[[刀水書房]]|isbn=|page=109}}</ref>、「先行研究への目配りと史料用語の緻密な検討は今後の研究の基点となりうるものであろう」と評している<ref>{{Cite book|和書|author=[[河内春人]]|authorlink=|date=2002-06|title=渤海史研究の論点|series=唐代史研究|publisher=[[刀水書房]]|isbn=|page=108}}</ref>。
* [[榎本淳一 (歴史学者)|榎本淳一]]は「渤海史研究が今日のような盛況をみることになった背景には、酒寄氏、石井氏という研究スタイルの異なる両氏が良きライバルとして当該研究を牽引してきたということも大きな要因」「両氏の多年の研究により、古代日本と渤海との交流のもった歴史的な意義が多方面から明らかにされたた。その成果は、唐との関係のみを重視し、その他の関係を捨象ないし軽視するという従来の日本古代対外関係史研究のあり方を見直させる大きな役割を果たした」「日唐関係を相対化し、多面的に当時の国際関係を分析する視覚をもたらしたことは大いに評価されるべき」と評している<ref>{{Cite book|和書|author=[[榎本淳一 (歴史学者)|榎本淳一]]|authorlink=|date=2004|title=日渤関係史研究の成果と意義|series=史学雑誌|publisher=[[史学会]]|isbn=|page=108}}</ref>。
* [[古畑徹]]は「両著書(石井正敏『日本渤海関係史の研究』と酒寄雅志『渤海と古代の日本』)が当時の研究の一つの到達点と見えた<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=91}}</ref>」「石井は、日本側にある対渤海交渉史料を丁寧かつ実証的に読み直して、戦前以来の対日朝貢史観とは全く異なる日本渤海関係史像を描きだした<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=92}}</ref>」「(石井の1975年の論文「日渤交渉における渤海高句麗継承国意識について」と「第一回渤海国書について」は)石井著書所収時に改題され、補論等も付されてその考証がより精緻になっており、筆者は依然色褪せぬこれらの論稿を、あらゆる渤海史研究者の必読文献<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=92-93}}</ref>」「諸書評がその史料の読み込みによる緻密な実証性を高く評価する石井文献史学の真骨頂ともいうべき論稿で、そこで扱われた史料を検討しようとする世界中の研究者が必ず参照しなければならない<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=93}}</ref>」「石井著書のなかには、時を超えて後世の研究者が参照すべき論稿が少なからず所収されている。それらはいずれも着実な実証主義的論稿であるが、その成果を基にして学界で争点となっている重要課題に切り込むものであり、そうしたこととも相まって高い価値を有するのである<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=93}}</ref>」と評しており、さらに「歴史学の各分野における古典的名著には、大きく分けて、その研究分野の基礎となる理論的枠組みや方法論などを論じたものと、研究上の主要課題にかかわる重要史料についての緻密な考証を積み重ねて史実及び史料自体を追究し、その分野の研究者の誰もが参照しなければならないもの、との二つのタイプがあると思われる。前者のタイプが研究のあり方の変化によって時にその地位を失うのに対し、後者のタイプは半永久的である。後者のタイプを渤海史研究や朝鮮古代史研究で探すならば、渤海史では[[金毓黻]]『渤海国志長編』、朝鮮古代史では[[池内宏]]『満鮮史研究』上世編をまずは挙げることができよう。そして渤海史研究においては金著書に匹敵する位置に、朝鮮古代史研究においては池内著書につづくいくつかの名著の一つという位置にあるのが、石井著書のように思われるのである」としつつも、「石井著書は間違いなく古典的名著たりうる著作と思うのだが、だからといってその見解・論証がすべて正しいわけではない」として、「最も高く評価されている史料考証自体についても誤謬は存在する。緻密な考証を旨とする研究がしばしば陥ってしまう落とし穴に、異説を述べる史料を比較検討する際、緻密に文章を切って考証した結果、各史料本来の文脈を見失い、どこにも書かれていない『史実』を『創作』してしまう、というものがある」として、石井の渤海王系図に誤謬があることを指摘したうえで、「優れた考証史家でも、というよりむしろ優れた考証史家だからこそ、このような落とし穴に陥ることがある。我々は時としてそのようなことが有りえるのだということを念頭に、石井著書を丹念に追跡しながら読まなくてはいけないと思う。そして、そのことこそが膨大な諸説と史料を整理された石井の遺志を継ぐことではないだろうか」「本稿で示したような誤謬は石井著書を渤海史・朝鮮古代史における古典的名著たるべき存在とした私の評価を何ら揺るがすものではない。金毓黻の『渤海国志長編』も、池内宏の『満鮮史研究』上世編も、後世の研究者から数多くの批判に晒されながら今日に至るまでその価値を失っていない。むしろ今に至るまで参照され批判され続けているからこそ、これらは古典的名著なのである。後世、石井著書が真に古典的名著と呼ばれるようになるかどうかは、そのあとを追い駆ける我々の石井著書への向き合い方にかかっている」と述べている<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=94-96}}</ref>。
* [[原美和子]]は「その学問の多彩さとともに、際だった特徴が、一つの史料に真摯に向き合い、史料の一字一句を大切にし、厳密に検討し、読解していく姿勢であることであった。周知の史料であっても通説にとらわれず、史料を緻密に読み解く。そして、それまでの説に疑問を提示し、新たな視点を導きだすという手法が貫かれているのである。導き出された結論の説得力は圧倒的な力をもち、その業績の偉大さを再確認した。平安・鎌倉時代の対外関係史料は多くなく、数が限られていると言われているが、限られた史料であるからこそ、厳密に読み解くことで、先行研究の誤りを正してきたのだと考えている<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=199}}</ref>」「成果があがる保証のない地道な作業を時間をかけて繰り返し、とことん史料にもとづく実証的研究にこだわるこの研究姿勢こそを、継承することができたらと思う<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=200}}</ref>」と述べている。
* [[河辺隆宏]]は「あれだけ精緻な史料解釈に基づいて論考を著してきた研究者が出した見解には、ある種の重みがあろう<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=212-213}}</ref>」「石井の日宋貿易に関する論考は、一つの史料を出発点に、当時の歴史的状況をあらゆる史料を博捜して俯瞰し、そのなかに出発点とした史料を位置づける、精緻な史料解釈に基づいた研究が数多ある<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=215}}</ref>」と述べている。
* [[河内春人]]は石井の[[遣唐使]]研究について、「石井が取り組んだ研究テーマを概観する時、遣唐使というテーマは石井にとって中核的なものとはいいがたいことが明らかである。しかし、翻って見るに遣唐使研究において石井の研究は大きな光彩を放っている<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=183}}</ref>」「古代対外関係史における貿易史研究は、森克己の『日宋貿易の研究』およびその続編によって長くその独壇場であったが、モノの輸入などが主たる観点であった。石井はそこに政治・外交との接点を強く打ち出しており、その先駆性・先見性は評価されるべき<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=192}}</ref>」「既知の史料に対する徹底的な追及という石井の手法<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=192}}</ref>」「石井の遣唐使研究の特色はその徹底した史料分析とともに、広い意味での国際交流のなかに遣唐使を位置づけようとする視点<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=196}}</ref>」「石井が道筋をつけながらも果たすことができなかった、現段階における古代対外関係史の総論を、石井への批判も含めながら達成することが後進に与えられた課題<ref>{{Harvnb|前近代の日本と東アジア 石井正敏の歴史学|2017|p=196}}</ref>」と述べている。
 
== 著書 ==
匿名利用者