「江崎洋一郎」の版間の差分

m
父は通産相などを務めた[[江崎真澄]]元衆議院議員で、異母兄の[[江崎鉄磨]]も自民党衆議院議員である。
 
[[1981年]]に[[慶應義塾大学]][[法学部]][[政治学]]科卒業し、[[日本興業銀行]](現[[みずほ銀行]])に入行。[[1986年]]から[[米国]]ブルッキングス研究所客員研究員を経て、[[1996年]]に{{要出典範囲|date=2016年10月2日 (日) 01:19 (UTC)|[[落下傘]]ながら元[[日本の大蔵大臣・財務大臣一覧|蔵相]][[藤井裕久]]から[[中選挙区]]時代の地盤の一部を譲り受け}}[[新進党]]公認で[[第41回衆議院議員選挙]]に出馬するも、落選。[[2000年]]の[[第42回衆議院議員総選挙]]、[[民主党 (日本 1998-2016)|民主党]]公認で[[神奈川県第12区|神奈川12区]]から出馬し54,237票を獲得、前職[[桜井郁三]]([[自由民主党 (日本)|自民党]])の50,814票を抑え、初当選した。
 
[[2002年]][[12月25日]]に[[熊谷弘]]、[[佐藤敬夫]]らと共に民主党を離党し、連立与党の一つである[[保守新党]]へ参加を表明<ref name="dpj20021225">{{Cite web | url = http://www1.dpj.or.jp/news/?num=3902 | title = 江崎議員の党除籍処分を決定 | publisher = [[民主党 (日本 1998-2016)|民主党]] | date = 2002-12-25 | accessdate = 2016-10-01 }}</ref>。民主党は江崎の離党届を受理せず、除籍処分とした<ref name="dpj20021225"/>。
== 著作 ==
* 2002「解説 不良債権処理を促進するため、RCCの積極活用を提言する-早期の産業再生のためには金融機関に不良債権売却損の分割償却を認めることも必要-」『金融財政事情』53(27) (通号 2513)、32~37ページ。
* 2002「レクチャー&ディスカッション 金融再生への処方箋(特集 日本経済と雇用の再生、経済・雇用危機、今、議事堂から熟議をおこす)」Discussion journal『民主』(1) 06] 50~59ページ、翁 百合、松本 剛明らと共著。
 
== 脚注 ==