「放電索」の版間の差分

(cat追加)
[[気象]]条件によっては放電索を備えていても機体表面の[[電位差]]を持つ部分にコロナ放電が発生する。操縦席風防などにも発生し、青白い光([[セントエルモの火]])として観察される。
 
[[回転翼機]]にはこの放電索の採用例は少ない。災害救助などで、[[ヘリコプタ]]から垂下したケーブル/フックに地上員が触れると放電することが知られている。
[[Category:航空機の構成要素|ほうでんさく]]
[[Category:電気|ほうでんさく]]
4,931

回編集