メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
実質的には[[ジョン・レノン]]の作品で、リードヴォーカルもジョン。A面3曲目に収録されており、アルバムで初めて[[リンゴ・スター]]が登場。彼の威勢のいいドラムで曲は始まり、続いて[[ポール・マッカートニー]]の[[リッケンバッカー・4001|4001S]]による硬く引き締まった[[エレクトリックベース|ベース]]が続く。全編におけるストリングスのアレンジは[[ジョージ・マーティン]]によるアイディア。
 
歌詞の中には「[[ストロベリー・フィールズ・フォーエバー|ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー]]」「[[アイ・アム・ザ・ウォルラス]]」「[[レディ・マドンナ]]」「[[フール・オン・ザ・ヒル]]」「[[フィクシング・ア・ホール]]」といったビートルズの他の楽曲名が登場する。ジョンは後のインタビューで、ビートルズの曲の歌詞の意味を独自に解釈して決めつける人たちをからかうために、わざと憶測されやすい作詞にしたと解説している<ref>{{cite book | author=[[The Beatles]] | year=2000 | title=[[ザ・ビートルズ・アンソロジー|Anthology]] | ref= harv}}</ref>。曲中にある、「'''セイウチとはポールのことさ'''(The walrus was Paul)」というくだりもその一例だが、作者の意に反して、かえって[[1969年]]に広まった[[都市伝説]]「[[ポール死亡説]]」の根拠の一つにされてしまった。
 
本作のアレンジはマスターバージョンに至るまで試行錯誤が重ねられ、ガラスの割れる音やアナウンサーの声などの[[SE]]が使われたアウトテイクが、ジョンの弾き語りによるデモテイクと共に『[[ザ・ビートルズ・アンソロジー3]]』に収録されている。
 
曲の題名は、もともとアップルでデビューしたロックバンド「アイヴィーズ」が改名・再デビューするに当たって、ジョンが出したバンド名の候補であった<ref group="注">後に[[バッドフィンガー]]と改名。</ref>。
 
== 演奏 ==
クレジットは[[:en:Ian MacDonald|イアン・マクドナルド]]によるもの<ref>{{cite book | last=MacDonald | first=Ian | year=2005 | authorlink= Ian MacDonald | title= Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties | publisher = Pimlico (Rand) | location = London | edition = 2nd revised | isbn = 1-84413-828-3}}</ref>。
* [[ジョン・レノン]] - [[ボーカル]]<ref group="注">[[ダブルトラッキング|ダブルトラック]]処理されている。</ref>、[[アコースティック・ギター]]
* [[ポール・マッカートニー]] - [[エレクトリックベース|ベース]]、[[ピアノ]]、[[リコーダー]]
* [[ジョージ・ハリスン]] - [[リードギター]]
* [[リンゴ・スター]] - [[ドラムセット|ドラムス]]、[[タンブリン]]
* [[ジョージ・マーティン]] - [[ストリングス]]
** ヘンリー・ダティナー - [[ヴァイオリン]]
** エリック・ボウイ - ヴァイオリン
** ノーマン・レダーマン - ヴァイオリン
** ロナルド・トーマス - ヴァイオリン
** ジョン・アンダーウッド - [[ヴィオラ]]
** キース・カミングス - ヴィオラ
** エルドン・フォックス - [[チェロ]]
** レジナルド・キルビー - チェロ
 
== 収録アルバム ==
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
 
<references />
=== 注釈 ===
{{Reflist|group="注"}}
 
=== 出典 ===
{{Reflist}}
 
{{DEFAULTSORT:くらすおにおん}}
[[Category:ビートルズの楽曲]]
[[Category:1968年ジョン・レノンの楽曲]]
[[Category:ジョージ・マーティンがプロデュースした楽曲]]
[[Category:野菜を題材とした1968年の楽曲]]
[[Category:楽曲 く|らすおにおん]]
[[Category:野菜を題材とした楽曲]]