「アイン・ガザルの像」の版間の差分

m
硫酸カルシウムではない "plaster" は「石膏」ではなく「漆喰」と訳した方がよい
m (→‎top: 誤字修正)
m (硫酸カルシウムではない "plaster" は「石膏」ではなく「漆喰」と訳した方がよい)
{{Infobox artifact|name=アイン・ガザルの像|image=20100923 amman37.JPG|caption=|material=漆喰とアシ|size=|created=紀元前6500年<ref name="date">{{cite book|first1=Fred S.|last1=Kleiner|last2=Mamiya|first2=Christin J.|year=2006|title=Gardner's Art Through the Ages: The Western Perspective: Volume 1|edition=Twelfth|publisher=Wadsworth Publishing|location=[[Belmont, California]]|isbn=0-495-00479-0|pages=25}} "ca. 6250&nbsp;6250 BCE".</ref> - 紀元前7200年<ref>{{cite web|url=https://books.google.com/books?id=Gmm4BAAAQBAJ&pg=PA436|title=Advances in Calcium Phosphate Biomaterials|accessdate=5 July 2016|date=17 April 2014|page=436|author=Besim Ben-Nissan|publisher=Springer Science & Business}}</ref>|discovered_date=1983|discovered_coords={{coord|31.988|N| 35.976|E| |display=inline,title}}|discovered_place=ヨルダン、アンマン|discovered_by=|location=ヨルダン新国立博物館}}'''アイン・ガザルの像'''('Ain Ghazal Statues)は、[[ヨルダン]]のアイン・ガザル遺跡で発見された、[[石膏漆喰]]と[[ヨシ|アシ]]でつくられた像のことであり、[[先土器新石器時代B期]]と呼ばれる時代のものである。1983年と1985年の発掘調査で、あわせて15の全身像と15の胸像が、200年ほど時代の離れた2つの地下蔵から発見された<ref>{{cite book|last=McCarter|first=Susan|title=Neolithic|url=https://books.google.com/books?id=dKDfRMNpsmYC&pg=PA161|date=12 November 2012|accessdate=20 June 2016|publisher=Routledge|isbn=9781134220397|pages=161–163}} G. O. Rollefson in: Ian Kuijt (ed.), ''Life in Neolithic Farming Communities: Social Organization, Identity, and Differentiation'', Springer (2006), [https://books.google.ch/books?id=2D8OBwAAQBAJ&pg=PA153#v=onepage&q&f=false p. 153].</ref>。
 
時代が紀元前7000年半ばから8000年半ばまで遡るため<ref name="date">{{cite book|first1=Fred S.|last1=Kleiner|last2=Mamiya|first2=Christin J.|year=2006|title=Gardner's Art Through the Ages: The Western Perspective: Volume 1|edition=Twelfth|publisher=Wadsworth Publishing|location=[[Belmont, California]]|isbn=0-495-00479-0|pages=25}} "ca. 6250&nbsp;6250 BCE".</ref>、人間の姿を実際に近い大きさで表現した最初期の例であるとともに、先土器新石器時代B期以降でも傑出した先史美術の作品の一つと考えられている<ref name="aingazal">{{cite web|url=https://www.britishmuseum.org/explore/highlights/highlight_objects/me/l/lime_plaster_statues.aspx|title=Lime Plaster statues|accessdate=21 September 2015|work=British Museum|publisher=Trustees of the British Museum|archiveurl=https://web.archive.org/web/20151018143147/http://www.britishmuseum.org/explore/highlights/highlight_objects/me/l/lime_plaster_statues.aspx|archivedate=18 October 2015}} The tallest of the Ayn Ghazal statues reach about 1&nbsp;m in height, and they are assumed to have been free-standing, anchored in the ground (although they could not stand up unsupported). [[Paleolithic art|Upper Paleolithic]] [[Venus figurine|figurines]] tend to be smaller than 20&nbsp;cm in height. Taller representations of the human form from the Paleolithic era, such as the [[Venus of Laussel]], are in bas-relief or painted.</ref>。
アイン・ガザルの像には全身像と半身像があり、後者には二つの頭をそなえたものもある。頭部の表現にはたいへんな手間がかかっており、大きく見開いた眼に[[歴青|ビチューメン]]で虹彩の線が引かれている。像には男性、女性、子供それぞれの表現がみられ、女性は乳房を思わせる造作とわずかに大きな腹部からそれと認識することができる。男女の性的な特徴は強調されているわけではなく、生殖器をもつ像もないことから、それぞれ顔のつくりが細かく異なるだけといってもよい<ref name="McCarter163">Susan McCarter, ''Neolithic'', Routledge, 2012, p. 163.</ref>。
 
アイン・ガザルの像は、[[ザルカ川]]の岸辺に生育するアシの束に、石灰石からできた水気を帯びた石膏をかたどってつくられている。石灰石は600℃から900℃で熱すると消石灰となる。これを水と混ぜ合わた石膏漆喰の塊から、像がかたどられている。乾かして固められ、水にも強くなっている。像の頭部、トルソー(胴部)、脚は、それぞれにアシが束ねられ、石膏漆喰で覆われている。虹彩はビチューメンで輪郭線が引かれ、頭には一種のウィッグ(かつら)がかぶせられている<ref name="wjoc">{{cite web|url=http://www.asia.si.edu/jordan/html/textonly.htm|title=Neolithic Statues from Jordan|accessdate=20 June 2016|archive-url=https://web.archive.org/web/20010220131933/http://www.asia.si.edu/jordan/html/textonly.htm|dead-url=yes|archive-date=20 February 2001}}</ref>。
 
どの像も比較的大きいが、まったく人間と同じ大きさではなく、最も背の高い像でも1mに満たない程度である。横からみるとアンバランスに思えるほど平板で、厚さにしておよそ10cmほどしかない。単独で立たせることが可能なつくりではなく、おそらくは周りを囲われたような場所の床に打ちつけ、正面からのみ鑑賞することを目的としたものだったのだろう<ref name="McCarter161">Susan McCarter, ''Neolithic'', Routledge, 2012, p. 161. Cache 1: Sq 2083 Loc. 20: 13 full figures, 12 one-headed busts Cache 2: Sq 3282 Loc 049: 2 figures, 3 two-headed busts and 2 unidentified pieces.</ref><ref name="rrjio">{{cite book|last=McGovern|first=Patrick E|title=Uncorking the Past: The Quest for Wine, Beer, and Other Alcoholic Beverages|url=https://books.google.com/books?id=PV5UO1ELsSUC&pg=PA91|date=30 October 2010|accessdate=20 June 2016|publisher=University of California Press|isbn=9780520944688|page=91}}</ref>。製作過程を考えれば耐久性は高いはずがなく、そのまま埋められていたら後世において博物館に展示することは不可能だったはずだが、そもそもこの像は土に埋めるためにつくられていたという可能性も考えられる<ref name="McCarter163" />。
アイン・ガザル遺跡はアンマンとザルカの町を結ぶ高速道路を建設していた開発業者が1974年に発見したものである。遺跡の発掘は1982年に開始され、この地には紀元前7250年から5000年ごろまでは人が住んでいたことがわかった<ref name="BarkerGoucher2015">{{cite book|author1=Graeme Barker|title=The Cambridge World History: Volume 2, A World with Agriculture, 12,000 BCE–500 CE|url=https://books.google.com/books?id=Ri07CQAAQBAJ&pg=PT426|date=16 April 2015|publisher=Cambridge University Press|isbn=978-1-316-29778-0|pages=426–|author2=Candice Goucher}}</ref>。紀元前7000年の前半には最盛期を迎え、居住エリアは10-15ヘクタールに広がり、3000ほどの人間が暮らしていた<ref name="BarkerGoucher2015" />。
 
はじめて像が発見されたのは1983年である。ブルドーザーが地面を切り拓いてできた断面を調査する考古学者は、地表から2.5メートルの巨大なくぼみのへりで、石膏漆喰でできた彫像たちに出会ったのである。1984-85年にゲイリー・ロールフソンが中心となって調査が行われ、続く1993-1996年にロールフソンとゼイダン・カファリが指揮をとり再び調査が行われた<ref>preliminary excavation reports: Rollefson, G., and Kafafi, Z. ''Annual of the Department of Antiquities of Jordan'' 38 (1994), 11&#x2013;32; 40 (1996), 11&#x2013;28; 41 (1997), 27&#x2013;48.</ref>。
 
最終的に15の像と15の半身像が二つの地下蔵から発見された。それぞれはおよそ200年あまりも別の時代の穴だと考えられた。放棄された家屋の床に掘られた穴からみつかった像は、非常に保存状態がよかった<ref>{{citation|title=The statues of 'Ain Ghazal: discovery, recovery and reconstruction|author=Kathryn W. Tubb|url=http://www.ai-journal.com/article/download/ai.0514/165/|publisher=Archaeology International}}</ref>。それ以外にもエリコとナハル・ヘマルで一部が見つかったが、断片的な状態のものしか遺っていなかった<ref name="McCarter161" />。
 
地下の穴はそれ自体が丁寧に掘られていただけでなく、おさめられていたのが船の積み荷として耐えるためポリウレタン・フォームの吹き付けられた木の箱だった<ref name="wjoc" />。像は石膏漆喰でできているため、ただ埋められてしまえば損耗は激しかったたはずだった。最初の調査で発見された像はイギリスの王立考古学研究所に送られ、数年後の二度目の調査でみつかったものは修復作業のためニューヨークのスミソニアン協会に送られた。作業を終えた像はヨルダンに返却され、ヨルダン新国立博物館で展示が行われた<ref>{{cite web|url=http://books.openedition.org/ifpo/4883|title=Ayn Ghazal. A 10,000 year-old Jordanian village|accessdate=2018/10/9|last=Kafafi|first=Zeidan|work=Atlas of Jordan|publisher=}}</ref>。また一部は2013年に[[大英博物館]]に貸し出されたほか、イギリスで修復が続けられたものもあった<ref>{{cite web|url=https://www.addustour.com/16361/%D8%AA%D9%85%D8%A7%D8%AB%D9%8A%D9%84+%D8%B9%D9%8A%D9%86+%D8%BA%D8%B2%D8%A7%D9%84+%D8%AA%D9%86%D8%AA%D8%B8%D8%B1+%D8%B9%D9%88%D8%AF%D8%A9+%C2%AB%D8%B4%D9%82%D9%8A%D9%82+%D9%85%D9%87%D8%A7%D8%AC%D8%B1%C2%BB+%D9%85%D9%86+%D9%84%D9%86%D8%AF%D9%86+%D9%85%D9%86%D8%B0+%D8%AB%D9%84%D8%A7%D8%AB%D8%A9+%D8%B9%D9%82%D9%88%D8%AF.html_1|title=تماثيل عين غزال تنتظر عودة "شقيق مهاجر" من لندن منذ ثلاثة عقود|accessdate=5 July 2016|date=11 January 2012|work=Ad Dustour|language=Arabic}}</ref>。
 
== 脚注 ==