「海上保安学校」の版間の差分

編集の要約なし
学生は入校と同時に一般職の[[国家公務員]]として海上保安庁の職員に採用されるため、学費などは必要なく給与が支給される(2008年4月現在、行政職俸給表(一)1級5号俸で俸給月額138,400円)。このように給与の支給される国土交通省所管の学校は、[[海上保安大学校]]、[[気象大学校]]、[[航空保安大学校]]などがある。[[防衛省]]所管の特別職の学校では[[防衛大学校]]、[[防衛医科大学校]]、[[陸上自衛隊生徒]]([[陸上自衛隊高等工科学校]])などがある。
 
学生は卒業して[[海上保安官]]として任用されるまでは法執行を行う職[[階級 (公権限の員)|階級]]はないが、海上保安庁の職員服制では学生を職員として含めており、海上保安官と同様に肩章、胸章、袖章があり、海上保安大学校生は金モール、金ボタン、海上保安学校生は銀モール、銀ボタンなどの規定がある。
 
== 沿革 ==
133

回編集