「合祀」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
'''合祭'''(ごうさい、がふさい)とも言う。
 
前者の合祀には、[[神社建築|本殿]]で祭神を一緒に祀る本殿合祀と、神社の[[境内]]に元の神社を移転し[[境内社]]とする境内合祀、離れた飛地境内に移転し[[摂末社|境外社]]とする飛地境内合祀の3種類がある。
 
[[明治]]から[[大正]]にかけての[[神社合祀|神社合祀令]]では多数の神社が合祀の末、廃社された。これら廃社された神社の中には、後に合祀されていた祭神を戻し(復祀)、再建されたものもある。