「ジョン・ネルソン (指揮者)」の版間の差分

編集の要約なし
(2個の出典を修正し、0個にリンク切れのタグを追加しました。 #IABot (v1.5.2))
{{Otheruses|アメリカ人の指揮者|その他の人物|ジョン・ネルソン}}{{Portal クラシック音楽}}'''ジョン・ウィルトン・ネルソン'''('''''John Wilton Nelson''''', [[1941年]][[12月6日]] – )は、[[アメリカ合衆国]]の[[指揮者]]である。
{{Infobox Musician <!--Wikipedia:ウィキプロジェクト 音楽家を参照-->
| Name = ジョン・ウィルトン・ネルソン
| Img =
| Img_capt =
| Img_size = <!-- サイズが250ピクセルに満たない場合のみ記入 -->
| Landscape = <!-- 画像の横幅が広く、高さが小さい場合に“yes”を記入 -->
| Background = classic
| Born = {{生年月日|1941|12|6}}
| Birth_name = <!-- 個人のみ --><!-- 出生時の名前が公表されている場合にのみ記入 -->
| Alias =
| Blood = <!-- 個人のみ -->
| School_background = [[ジュリアード音楽院]]
| Died =
| Origin = {{USA}}
| Instrument =
| Genre = [[クラシック音楽]]
| Occupation = [[指揮者]]
| Years_active =
| Label =
| Production =
| Associated_acts =
| Influences =
| URL =
| Current_members = <!-- グループのみ -->
| Past_members = <!-- グループのみ -->
| Notable_instruments =
}} 
{{Portal クラシック音楽}}
'''ジョン・ウィルトン・ネルソン'''('''''John Wilton Nelson''''', [[1941年]][[12月6日]] – )は、[[アメリカ合衆国]]の[[指揮者]]である。
 
==経歴==
[[コスタリカ]]の[[サンホセ (コスタリカ)|サンホセ]]において[[アメリカ人]]の両親の許に生まれる。[[イリノイ州]]フィートン・カレッジに学んだ後、[[ジュリアード音楽院]]で[[ジャン・モレル]]に師事。
 
[[ロマン派音楽]]や[[バロック音楽]]の優れた解釈でとりわけ名高く、とりわけ[[エクトル・ベルリオーズ|ベルリオーズ]]の[[歌劇]]を得意としている。世界各地のほとんどすべての大都市に定期的に客演しており、たとえば[[ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団]]や[[フィラデルフィア管弦楽団]]、[[ボストン交響楽団]]、[[シカゴ交響楽団]]、[[ピッツバーグ交響楽団]]、[[サンフランシスコ交響楽団]]、[[クリーヴランド管弦楽団]]、[[ロンドン交響楽団]]、[[ドレスデン・シュターツカペレ]]、[[ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団]]、[[シュトゥットガルト放送交響楽団]]、[[パリ管弦楽団]]、[[ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団]]、[[オスロ・フィルハーモニー管弦楽団]]、[[王立ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団]]と共演してきた。
 
合唱曲にも興味を持ち、古典的な[[宗教曲]]の普及という目標を掲げて、[[合唱]]指揮者としての活動にも取り組んでいる。アニータ夫人とパリ在住
 
アニータ夫人とパリに住んでいる。
 
== 註 ==
{{reflist}}
== 外部リンク ==
*[https://web.archive.org/web/20090806183445/http://www.indianapolissymphony.org/assets/downloads/discography.pdf Indianapolis Symphony Orchestra, discography from orchestra website through 1997.]
*[http://www.imgartists.com/?page=artist&id=383&c=2 IMG Artists agency biography]
*[https://web.archive.org/web/20071114204944/http://www.sdgmusic.org/nelson/ John Nelson Blog]
 
== 脚注 ==
<references />
 
{{start box}}
匿名利用者