「井上吉夫」の版間の差分

編集の要約なし
m (Bot作業依頼:「JXグループ」→「JXTGグループ」ほか カテゴリ変更依頼 - log: Category:JXグループの人物Category:JXTGグループの人物)
 
== 来歴・人物 ==
[[鹿児島県]][[出水市|出水町]]出身。[[1942年]][[熊本大学|旧制熊本高等工業学校]]採鉱冶金科を卒業。[[ジャパンエナジー|日本鉱業]]に就職するが、1年後に召集される。[[1951年]]に出水町議に当選。[[1963年]]鹿児島県議当選を経て、[[1974年]]、[[第10回参議院議員通常選挙]]に[[鹿児島県選挙区]]から出馬し初当選。連続当選5回。自民党内では[[木曜クラブ]]([[田中角栄]]派→[[二階堂進]]グループ)を経て、二階堂グループ解散後は[[経世会]]([[竹下登]]→[[小渕恵三]]→[[橋本龍太郎]]派に所属。
 
[[1989年]]6月、[[宇野内閣]]の[[北海道開発庁長官]]兼[[沖縄開発庁長官]]として初入閣。宇野内閣が超短命政権となったため、わずか2ヶ月しか長官を務められなかった。自民党参議院議員会長を務めた後、一時[[参議院議長]]候補に擬せられたが党内事情で就任は流れた。{{要出典範囲|date=2016年4月7日 (木) 10:39 (UTC)|こうした一連の不運さに同情が集まり、通常参院議員の入閣は一回のみで離任したら再入閣はないというのが通例であるなか、温情派の小渕首相の配慮により}}[[1998年]]7月、[[小渕内閣]]で再び北海道開発庁長官兼沖縄開発庁長官に就任(10月からは[[国土庁長官]]も兼任)。翌年の1月まで務めた。[[1999年]]、[[勲一等旭日大綬章]]受章。
 
議員在職中の2003年10月24日、[[心不全]]のため鹿児島県[[出水市]]の病院で死去。[[享年]]80。年の[[第4320議院議員通常選挙]]には不出馬を表明していた。
 
== 選挙歴 ==
813

回編集