「ハンス・ロスバウト」の版間の差分

編集の要約なし
m
{{Infobox Musician <!--Wikipedia:ウィキプロジェクト 音楽家を参照-->
| Name = ハンス・ロスバウト
| Img =Hans Rosbaud.jpg
| Img_capt =
| Img_size = <!-- サイズが250ピクセルに満たない場合のみ記入 -->
| Landscape = <!-- 画像の横幅が広く、高さが小さい場合に“yes”を記入 -->
| Background = classic
| Born = {{生年月日|1895|7|22}}
| Birth_name = <!-- 個人のみ --><!-- 出生時の名前が公表されている場合にのみ記入 -->
| Alias =
| Blood = <!-- 個人のみ -->
| School_background =
| Died = {{死亡年月日と没年齢|1895|7|22|1962|12|29}}
| Origin = {{AUT}}[[グラーツ]]
| Instrument =
| Genre = [[クラシック音楽]]
| Occupation = [[指揮者]]
| Years_active =
| Label =
| Production =
| Associated_acts =
| Influences =
| URL =
| Current_members = <!-- グループのみ -->
| Past_members = <!-- グループのみ -->
| Notable_instruments =
}}
{{ウィキポータルリンク|クラシック音楽}}
'''ハンス・ロスバウト'''('''Hans Rosbaud''', [[1895年]][[7月22日]] [[グラーツ]] - [[1962年]][[12月29日]] [[ルガノ]])は[[オーストリア]]出身の[[指揮者]]。とりわけ[[現代音楽]]の擁護者として[[戦前]]から有名で、[[エルネスト・ブール]]と並んで、指揮者としての[[ピエール・ブーレーズ]]に影響を与えた。
 
==略歴==
[[ピアニスト]]の母親から[[ピアノ]]の手ほどきを受けた後、[[フランクフルト・アム・マイン]]の[[ホーホ博士主宰の音楽院]]に進学。[[1920年]]より[[マインツ市立音楽学校]]の校長を務めた後、[[1929年]]に新設の[[フランクフルト放送交響楽団]]の音楽監督に就任。この頃に[[アルノルト・シェーンベルク]]や[[バルトーク・ベーラ]]、[[イーゴリ・ストラヴィンスキー]]、[[パウル・ヒンデミット]]、[[エルンスト・クルシェネク]]らの作品の上演で名を揚げる。
 
[[第三帝国]]の時代は[[内的亡命]]を余儀なくされ、自由な音楽活動を制約される。[[1937年]]には政治的理由からフランクフルトを追われ、[[ミュンスター]]の音楽総監督を務めながら雌伏の4年間を過ごす。さらに3年間を[[ストラスブール]]で過ごした後、[[戦後]]は[[ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団]]や新設の[[バーデン=バーデン・フライブルクSWR交響楽団]]、[[チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団]]の指揮者として楽壇に復帰した。また、戦後の[[ドナウエッシンゲン音楽祭]]の再興にも尽力した。
== 外部リンク ==
* {{DNB-Portal|119329751}}
 
== 脚注 ==
<references />
 
{{先代次代|[[フランクフルト放送交響楽団]]<br />首席指揮者|1929 - 1937|初代|[[オットー・フリックホッファー]]}}
{{先代次代|[[バーデン=バーデン・フライブルクSWR交響楽団|南西ドイツ放送交響楽団]]<br />音楽監督|1948 - 1962|初代|[[エルネスト・ブール]]}}
匿名利用者