「蘇原荘」の版間の差分

編集の要約なし
'''蘇原荘(蘇原庄)'''(そはらしょう)とは、[[平安時代]]から[[安土桃山時代]]にかけて[[美濃国]][[恵那郡]]と[[加茂郡]]に存在した[[荘園]]。
 
=== 範囲 ===
* [[美濃国]][[恵那郡]] 現在の[[岐阜県]][[恵那市]]の、[[中野方村|中野方町]]、[[毛呂窪村|笠置町毛呂窪]]、[[河合村|笠置町河合]]、[[姫栗村|笠置町姫栗]]、[[飯地村|飯地]]、[[中津川市]][[蛭川村|蛭川]]の和田川以西
* [[美濃国]][[加茂郡]] 現在の[[八百津町]]の[[潮見村 (岐阜県)|潮見]]、福地、峯、下立、(下立は[[丸山ダム]]の湖底に水没)、[[白川町]]の上田、[[黒川村 (岐阜県)|黒川]]、犬地、赤河、切井
 
=== 安弘見郷の範囲 ===
蘇原荘の中で、以下の五箇村を安弘見郷(あびろみごう)と称した。
* 中野方町、笠置町毛呂窪、笠置町河合、笠置町姫栗、中津川市蛭川の和田川以西
 
=== 起源 ===
平安時代中期
 
=== 領主 ===
*[[苗木遠山氏]]