「三国ヶ丘駅」の版間の差分

編集の要約なし
{{混同|x1=福岡県小郡市にある西鉄天神大牟田線の駅|三国が丘駅}}
{{駅情報
|社色 = <!--JRと南海の両方の駅でそれぞれ改札口があるので色はつけないこと-->
|文字色 =
|駅名 = 三国ヶ丘駅<br />三国ケ丘駅
|画像 = JPN Mikunigaoka Station Higashi-guchi.JPG|150px|pxl =
|画像説明 = 東口と商業施設「N.KLASS三国ヶ丘」
|よみがな = みくにがおか
|ローマ字 = MIKUNIGAOKA<ref group="*">JRは Mikunigaokaと表記</ref>
|電報略号 = ミク(両社とも)
|所属事業者= [[南海電気鉄道]]<br />[[西日本旅客鉄道]](JR西日本)
|所在地 = [[堺市]][[堺区]]向陵中町二丁7-1
| 緯度度 = 34 |緯度分 = 33 |緯度秒 = 54.95
| 経度度 = 135 |経度分 = 29 |経度秒 = 34.05
|開業年月日 = [[1942年]]([[昭和]]17年)[[2月15日]]
|廃止年月日= =
|駅構造 = 南海 - [[地上駅]]<br />JR西日本 - [[地上駅]]([[切土|掘割構造]])
|ホーム = 各2面2線(計4面4線)
|乗車人員 = (JR西日本)23,947
|乗降人員 = (南海)39,989<!--ハンドブック南海-->
|統計年度 = 2017年
|乗入路線数 = 2
|所属路線1 = {{colorColor|#009a41|■}} [[南海高野線]]
|前の駅1 = NK56 [[堺東駅|堺東]]
|駅間A1 = 1.5
|駅間B1 = 0.9
|次の駅1 = [[百舌鳥八幡駅|百舌鳥八幡]] NK58
|駅番号1 = {{南海泉北駅番号|NK|57}}
|キロ程1 = 12.5km([[汐見橋駅|汐見橋]]起点)<br />[[難波駅 (南海)|難波]]から11.8
|起点駅1 =
|所属路線2 = {{JR西路線記号|K|R}} [[阪和線]](JR西日本)
|前の駅2 = JR-R28 [[堺市駅|堺市]]
|駅間A2 = 1.4
|駅間B2 = 0.9
|次の駅2 = [[百舌鳥駅|百舌鳥]] JR-R30
|駅番号2 = '''JR-R29'''
|キロ程2 = 10.2
|起点駅2 = [[天王寺駅|天王寺]]
|乗換 =
|備考 = 改札口は両社個別<br />JR:[[みどりの券売機|みどりの券売機プラス]]設置駅
|備考全幅 = {{reflist|group="*"}}
}}
* [[2003年]](平成15年)11月1日 - JR西日本で[[ICカード]]「[[ICOCA]]」の利用が可能となる<ref>[https://web.archive.org/web/20040803184954/http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/030820a.html 「ICOCA」いよいよデビュー! 〜 平成15年11月1日(土)よりサービス開始いたします 〜](インターネット・アーカイブ) - 西日本旅客鉄道プレスリリース 2003年8月30日</ref>。
* [[2013年]](平成25年)
** [[9月7日]] - 南海高野線の駅舎を橋上化し、JRの駅舎と分離。合わせて北口を東口に改称。南海高野線のホームにある地下道が閉鎖され、南海とJRの乗換改札口を廃止<ref>{{PDFlink|[http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/130813.pdf 高野線・三国ヶ丘駅が橋上駅舎化します]}}</ref>。JR西日本の駅がJR西日本交通サービスへの業務委託駅から直営駅に変更となる。
** [[9月28日]] - [[アーバンネットワーク運行管理システム#阪和線システム(2代)|阪和線運行管理システム]]を2代目のものに更新。
* [[2014年]](平成26年)[[5月29日]] - [[駅ナカ]]商業施設の「N.KLASS三国ヶ丘」が開業。
 
== 駅構造 ==
{{出典の明記|section=1|date=2014年2月-02 駅施設改良に伴う新旧それぞれの説明・変遷について。(現状は「見たまま情報」=執筆者による独自研究を多く含むため。)}}
<gallery perrow="4" widths="160" style="font-size:90%;">
 
Mikunigaoka NewKitakaisatsu02.jpg|南海三国ヶ丘駅改札(2013年改装後)
<gallery perrow="4" widths="160" style="font-size:90%;">
File:Mikunigaoka NewKitakaisatsu02NewKitakaisatsu01.jpg|南海JR三国丘駅改札(2013年改装後)
File:Osaka Mikunigaoka NewKitakaisatsu01eki 1.jpg|JR三国ケ丘地上改札舎時代の南海西口(2013年改装後9月6日以前
File:Osaka Mikunigaoka eki 1Kitakaisatsu01.jpg|地上駅舎時代の南海西乗り換え改札を設けた旧北(2013(現・JR改札、2013年9月6日以前)
File:Mikunigaoka Kitakaisatsu01.jpg|乗り換え改札を設けた旧北口(現・JR改札、2013年9月6日以前)
</gallery>
 
 
[[2016年]][[12月20日]]には、従来のLED式から詳細型のLCD式ディスプレイに交換された。列車種別や発車時刻・通過列車の通過時刻などが表示されるようになり、それと同時に自動案内放送も更新され、1番のりばの列車到着時に北野田方面行きは「泉北線内への、各駅には止まりませんので、ご注意ください。」や、和泉中央行きは「高野山方面への、各駅には止まりませんので、ご注意ください。」などの放送が流れるようになった。しかし、2番のりばの列車は準急行も含め全て「只今到着の電車は、なんば行きです。」としかアナウンスされず誤乗などが問題視されたため、[[2017年]]10月に種別・停車駅案内と英語放送を追加した新規収録の自動案内放送に更新された。
 
<gallery>
File:Mikunigaoka andon01.jpg|高野線下りホームの行灯式発車標(撤去済) 
File:Nankai KoyaLine Mikunigaoka Down Senboku Izumigaoka.JPG|高野線下りホームのLED式発車標(撤去済)
File:Nankai KoyaLine Mikunigaoka Down Semiexp.jpg|高野線下りホームのLCD式ディスプレイ発車標
</gallery>
 
 
=== のりば ===
{| rules="rows" class="wikitable"
!colspan=4 | 南海線のりば
|-
!のりば<!-- 事業者側による呼称。南海電鉄は順次「○番のりば」の呼称に更新中 --->!!路線!!方向!!行先
|-
! 1
| rowspan="2"| [[File:Nankai koya line symbol.svg|15px]] 高野線
| style="text-align:center" | 下り
| [[高野山駅|高野山]]・[[泉北高速鉄道線|泉北高速線]]方面
|-
! 2
| style="text-align:center" | 上り
| [[難波駅 (南海)|なんば]]方面
|-
!colspan=4 | JR線のりば
|-
!のりば<!-- 事業者側による呼称。JR西日本は「○番のりば」と案内 --->!!路線!!方向!!行先
|-
! 1
| rowspan="2"| {{JR西路線記号|K|R}} 阪和線
| style="text-align:center" | 下り
| [[鳳駅|鳳]]・[[関西空港駅|関西空港]]・[[和歌山駅|和歌山]]方面
|-
! 2
| style="text-align:center" | 上り
| [[天王寺駅|天王寺]]・[[大阪駅|大阪]]方面
|}
 
== 利用状況 ==
* '''南海電気鉄道''' - 2017年度の1日平均[[乗降人員|'''乗降'''人員]]は'''39,989人'''で、同社の駅(100駅)では[[難波駅 (南海)|難波駅]]、[[新今宮駅]]、[[天下茶屋駅]]、[[堺東駅]]に次いで第5位、高野線(難波-極楽橋間の42駅)でも第5位である。また各停系統(各駅停車・準急)のみの停車駅では最も乗降客数が多い。
 
* '''西日本旅客鉄道''' - 2017年度の1日平均'''乗車'''人員は'''23,947人'''で、同社の駅の中では43位である<ref group="JR" name="data2018_11">{{PDFlink|[https://www.westjr.co.jp/company/info/issue/data/pdf/data2018_11.pdf データで見るJR西日本2018]}} - JR西日本</ref>。阪和線の途中駅では最も多い。
 
各年度の1日平均乗降・乗車人員数は下表のとおり<ref name="osakatokei">[http://www.pref.osaka.jp/toukei/nenkan/ 大阪府統計年鑑] - 大阪府</ref>。
{| class="wikitable" style="text-align:right;"
!rowspan="2"| 年度
|-
!style="text-align:center;" colspan="13"| JR西日本南海電気鉄道
!rowspan="2"| 年度
!style="text-align:center;" colspan="3"| 南海電気鉄道JR西日本
!rowspan="2"| 出典
!style="text-align:center;" colspan="1"| JR西日本
!rowspan="2"| 出典
|-
! 1日平均<br />乗降人員 !! 1日平均<br />乗車人員 !! 順位 !! 1日平均<br />乗車人員
|-
| 1990年(平成{{0}}2年) || 43,651 || 21,251 || - || 19,267
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00088143/tn1991n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成3年)]}}</ref>
|-
| 1991年(平成{{0}}3年) || 44,208 || 21,488 || - || 19,520
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00088083/tn1992n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成4年)]}}</ref>
|-
| 1992年(平成{{0}}4年) || 42,893 || 20,795 || - || 19,226
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00085641/tn1993n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成5年)]}}</ref>
|-
| 1993年(平成{{0}}5年) || 42,177 || 20,390 || - || 19,002
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00085625/tn1994n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成6年)]}}</ref>
|-
| 1994年(平成{{0}}6年) || 41,261 || 19,947 || - || 18,253
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00085578/tn1995n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成7年)]}}</ref>
|-
| 1995年(平成{{0}}7年) || 39,001 || 18,788 || - || 17,961
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.jp/attach/3355/00085307/tn1996n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成8年)]}}</ref>
|-
| 1996年(平成{{0}}8年) || 39,567 || 18,696 || - || 17,729
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.jp/attach/3355/00084805/tn1997n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成9年)]}}</ref>
|-
| 1997年(平成{{0}}9年) || 37,371 || 18,077 || - || 17,181
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00084997/tn1998n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成10年)]}}</ref>
|-
| 1998年(平成10年) || 35,420 || 16,930 || - || 17,222
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00084997/tn1999n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成11年)]}}</ref>
|-
| 1999年(平成11年) || 34,159 || 16,578 || - || 17,939
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00085215/tn2000n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成12年)]}}</ref>
|-
| 2000年(平成12年) || 34,566 || 16,816 || - || 19,174
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00076905/tn01n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成13年)]}}</ref>
|-
| 2001年(平成13年) || 34,948 || 17,091 || - || 19,675
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00076904/tn02n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成14年)]}}</ref>
|-
| 2002年(平成14年) || 37,113 || 18,289 || 6位 || 20,052
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00076903/tn03n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成15年)]}}</ref>
|-
| 2003年(平成15年) || 36,429 || 18,277 || 6位 || 20,313
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00076902/tn04n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成16年)]}}</ref>
|-
| 2004年(平成16年) || 36,393 || 18,219 || 6位 || 20,305
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00076901/tn05n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成17年)]}}</ref>
|-
| 2005年(平成17年) || 36,439 || 18,246 || 6位 || 20,362
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00076900/tn06n110.pdf 大阪府統計年鑑(平成18年)]}}</ref>
|-
| 2006年(平成18年) || 36,697 || 18,385 || 6位 || 20,740
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00074421/tn07n090.pdf 大阪府統計年鑑(平成19年)]}}</ref>
|-
| 2007年(平成19年) || 37,154 || 18,607 || 6位 || 20,731
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00074418/tn08n090.pdf 大阪府統計年鑑(平成20年)]}}</ref>
|-
| 2008年(平成20年) || 37,820 || 18,962 || 6位 || 21,197
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00064556/tn09n090.pdf 大阪府統計年鑑(平成21年)]}}</ref>
|-
| 2009年(平成21年) || 37,295 || 18,710 || 5位 || 20,918
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00071058/tn10n090.pdf 大阪府統計年鑑(平成22年)]}}</ref>
|-
| 2010年(平成22年) || 37,761 || 18,944 || 5位 || 21,267
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00093411/tn2011n090.pdf 大阪府統計年鑑(平成23年)]}}</ref>
|-
| 2011年(平成23年) || 37,734 || 18,938 || 5位 || 21,685
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00121073/tn2012n090.pdf 大阪府統計年鑑(平成24年)]}}</ref>
|-
| 2012年(平成24年) || 38,267 || 19,179 || 5位 || 22,217
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00144873/tn2013n09.pdf 大阪府統計年鑑(平成25年)]}}</ref>
|-
| 2013年(平成25年) || 38,716 || 19,428 || 5位 || 22,870
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00180638/tn2014n09.pdf 大阪府統計年鑑(平成26年)]}}</ref>
|-
| 2014年(平成26年) || 39,047 || 19,683 || 5位 || 23,008
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00211004/tn2015n09.pdf 大阪府統計年鑑(平成27年)]}}</ref>
|-
| 2015年(平成27年) || 40,298 || 20,336 || 5位 || 23,956
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00242803/tn2016n09.pdf 大阪府統計年鑑(平成28年)]}}</ref>
|-
| 2016年(平成28年) || 39,804 || 20,059 || 5位 || 24,000
|<ref group="*">{{PDFlink|[http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/3355/00281833/9-all.pdf 大阪府統計年鑑(平成29年)]}}</ref>
|-
| 2017年(平成29年) || 39,989 || || 5位 || 23,947||
|
|}
 
[[大仙陵古墳]]([[仁徳天皇]]陵)の東に位置するが、正面遥拝所のある前方部へは[[百舌鳥駅]]が近い。
 
高野線を挟んで駅北側に[[竹内街道]]([[大阪府道2号大阪中央環状線|大阪中央環状線]])、駅南側に[[高野街道#西高野街道|西高野街道]]([[国道310号]])が通っている。
 
=== 駅ナカ ===
** [[マーメイドベーカリーパートナーズ|リトルマーメイド]]
** [[ドトールコーヒー|ドトールコーヒーショップ]]
 
=== 東出口 ===
かつて駅横にショップ南海が存在していた。ロータリーにはバス停とタクシー乗り場がある。
* [[三国ヶ丘FUZZ]]
* [[はや]] 総本店
 
=== 西出口 ===
ロータリーにはタクシー乗り場のみ。バス停は[[国道310号]](さんとお線)沿いにある。
; 南海電気鉄道
: [[File:Nankai koya line symbol.svg|15px]] 高野線
<!--特急は有料種別につき、通過の一覧の記載は行なわないでください。--->
:: {{Color|orangered|■}}快速急行・{{Color|orangered|■}}急行・{{Color|#093|■}}区間急行
:::; '''通過'''
:: {{Color|royalblue|■}}準急行・{{Color|gray|■}}各駅停車
::: [[堺東駅]] (NK56) - '''三国ヶ丘駅 (NK57)''' - [[百舌鳥八幡駅]] (NK58)
; 西日本旅客鉄道
: {{JR西路線記号|K|R}} 阪和線
:: {{Color|#f60|■}}関空快速・{{Color|#f60|■}}紀州路快速・{{Color|#f60|■}}快速・{{colorColor|#476f8b|■}}直通快速・{{Color|#00a497|■}}区間快速
::: [[堺市駅]] (JR-R28) - '''三国ケ丘駅 (JR-R29)''' - [[鳳駅]] (JR-R33)
:: {{Color|#999|■}}普通
匿名利用者