「養子的キリスト論」の版間の差分

語句の修正。
(語句の修正。カテゴリーの追加。)
(語句の修正。)
'''養子的キリスト論'''(ようしてきキリストろん、Adoptionism)は、非[[三位一体]]論の一つで、イエスが[[洗礼者ヨハネ]]による[[洗礼]]、[[復活 (キリスト教)|復活]]、もしくは[[キリストの昇天|昇天]]の際に神の子として養子になった(adopted)とする論。養子説・養子論ともいう。{{仮リンク|サラミスのエピファニオス|en|Epiphanius of Salamis}}によれば、キリストが養子として選ばれたのは、キリストによる神の意思への罪のない(sinless)[[ディヴォーション (キリスト教)|献身]]の為である<ref>Epiphanius of Salamis (403 CE). pp. 30:3 & 30:13.</ref>。
 
[[キリスト教]]の[[正統教義]]([[ヤハウェ]]イエス・[[聖霊]]は[[三位一体]]であるとする)に反し、[[異端]]とされる。
 
[[様態論]](modalism, [[サベリウス主義]])とともに[[モナルキア主義]](単一神論)の1つ。