「日下部金兵衛」の版間の差分

(1個の出典を修正し、0個にリンク切れのタグを追加しました。 #IABot (v1.5.4))
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[1881年]]([[明治]]13年)頃に独立し、[[横浜]]の弁天通に写真スタジオ「金幣写真」を開設、まもなく日の出町にも支店を出した。独立直後は「写真商」と称していたが、数年後には「写真家」と改めている。本店は[[1890年]](明治22年)頃に本町通1丁目7番に移動した。さらに芝や[[銀座]]にも支店を開設した。[[1885年]](明治17年)頃、ベアトとシュティルフィールト、および[[内田九一]]が撮影したネガを引き継いだ。彼らの写真のうち、外国人の土産用の写真は「横浜写真」と呼ばれ、金兵衛自身もセミヌード写真を売り、中には顔をコラージュしているものもある<ref>{{Cite book|和書|author=[[石黒敬章]]|title=こんな写真があったのか : 幕末明治の歴史風俗写真館|date=2014-3|publisher=KADOKAWA|isbn=9784046532978|page= }}{{要ページ番号|date=2016-11}}</ref>。また、長崎の[[上野彦馬]]のネガもいくらか引き継いでいる。[[1904年]](明治36年)の[[セントルイス万国博覧会]]に作品を出展、[[1906年]](明治38年)に本店が火災で焼失したが、直後に再建した。
 
彼のアルバムのほとんどは、アコーディオン方式で作成されており、[[螺鈿]]細工や[[蒔絵]]を表紙に施した豪華なもので、現在では「金幣アルバム」などとも称される。
 
[[1912年]]([[大正]]元年)に写真の世界から引退、金幣写真館もその2年後に営業を停止した。晩年は日本画を描いて余生を送り、[[1932年]]([[昭和]]7年)[[4月19日]]、92歳で神戸市内にある孫の家で死亡。その後、遺体は横浜市にある[[久保山霊堂]]に埋葬された。
102

回編集