「チコちゃんに叱られる!」の版間の差分

かつて[[フジテレビジョン|フジテレビ]]で「[[笑う犬]]」シリーズなど数々のバラエティ番組を手がけた[[小松純也]](現在は[[共同テレビジョン]]所属)がNHKのチーフプロデューサー (CP) である[[水高満]]と飲んでいたときに、小松が「5歳児の女の子にクイズを出され、知らないと『ボーッと生きてんじゃねえよ!』としかられる番組をやりたい」と話したことをきっかけに企画が始まったもので<ref name="nikkansports20180720">{{Cite news|author=梅田恵子|url=https://www.nikkansports.com/entertainment/column/umeda/news/201807190000915.html|title=大人気チコちゃん制作者が語る神ワザ神ボイス神設定|newspaper=日刊スポーツ|date=2018-07-20|accessdate=2018-09-29}}</ref><ref name="tokyo-np20180728">{{Cite news|url=http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2018072802000162.html|author=砂上麻子|title=そこのあなた! ボーッと見てると分かりません!! 毒舌が話題「チコちゃんに叱られる!」|newspaper=東京新聞|date=2018-07-28|accessdate=2018-09-29}}</ref>、小松がプロデューサーとして番組制作に携わる。ただし、NHKと共同テレビジョンの共同制作という形ではなく、番組そのものは[[NHKエンタープライズ]]の単独制作名義となっており、これに番組制作会社(共同テレビジョンの子会社である[[ベイシス]]など)が協力するという制作体制となっている。
 
番組は数問の問題が出題された後、最後に視聴者からのお便り{{Refnest|group="注釈"|お便りの内容は何でもよいが、番組では唯一の条件として実年齢にかかわらず「'''5才'''」と書くことを求めている<ref>[https://cgi2.nhk.or.jp/prog/form.cgi?p=P4382&tb=f1&f=P4382 おたより募集]</ref>。}}を紹介するコーナー「ひだまりの縁側で…」が挿入される。また、放送時間を拡大したスペシャル版では、ゲストがチコちゃんと狭い部屋で一対一で向き合い、チコちゃんからの質問に答えるコーナー「チコの部屋」が挿入される<ref>コーナーのロゴ、コーナー中のBGMが[[テレビ朝日]]のトーク番組『[[徹子の部屋]]』をパロディしている。</ref><ref name="release20180718">{{Cite press release |url=https://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2018/07/007.pdf|format=PDF|title=チコちゃんに叱られる 夏の拡大スペシャル|publisher=日本放送協会広報局|date=2018-07-18|accessdate=2018-09-29}}</ref>。
 
== 設定・制作 ==
688

回編集