「盧昶」の版間の差分

編集の要約なし
'''盧 昶'''(ろ ちょう、生年不詳 - [[516年]])は、[[北魏]]の[[官僚]]・[[軍人]]。[[字]]は叔達。小字は師顔。[[本貫]]は[[范陽郡]][[涿県]]。
 
== 経歴 ==
[[盧度世]]の子として生まれた。経書や史書を広く学んで、若くして名声があった。[[494年]]([[太和 (北魏)|太和]]18年)、太子中舎人・兼員外散騎常侍となり、[[斉 (南朝)|南朝斉]]に対する使者をつとめた。ときに斉の[[明帝 (南朝斉)|明帝]]が即位すると、北魏の[[孝文帝]]は南征の軍を発し、盧昶の兄の[[盧淵]]を別道の将として従軍させた。江南の地にあった盧昶の立場は微妙なものとなり、腐った米や臭いのひどい魚を供されて冷遇されたものの、帰国することができた。辱めを受けて生還したことを責められ、盧昶は免官された。数年を経て、彭城王[[元キョウ|元勰]]の友として任用され、秘書丞に転じた。[[500年]]([[景明]]元年)、中書侍郎となり、給事黄門侍郎・[[幽州]]大中正の任を受けた。後に散騎常侍に転じ、尚書を兼ねた。
 
[[503年]](景明4年)、[[洛陽]]が白鼠を捕らえて献上した。盧昶は外任の[[刺史]]が上の命に逆らい、民衆に乱暴をおこなって、人民の怨嗟がたまると白鼠が現れるものであると解説し、汚官を追放して租税や労役を軽減し、民力を休養させるよう上奏した。[[侍中]]に転じ、吏部尚書を兼ねた。まもなく侍中のまま、正式に吏部尚書となった。盧昶は職分を守るだけで、特に人物を推挙しようとはしなかった。侍中の元暉らと馴れ合って、[[宣武帝]]に気に入られたが、これらの行為は当時の士人たちに非難された。
 
後に盧昶は鎮東将軍・[[徐州]]刺史として出向した。[[511年]]([[永平 (北魏)|永平]]4年)、[[梁 (南朝)|南朝梁]]の[[琅邪郡]]の民の王万寿が琅邪東莞二郡[[太守]]の劉晣ら40人あまりを殺害して、北魏の徐州に首級を送り届けてきた。盧昶は張天恵に200人の精鋭を率いさせて、応援に向かわせた。梁の鬱洲から2軍が派遣されて張天恵の進軍をはばむと、張天恵は朐山城内の王万寿と呼応して、梁軍を撃破した。盧昶は傅文驥を派遣して朐山に入らせた。梁の将軍の[[張稷]]・[[馬仙ベン|馬仙{{zh|琕}}]]・陰虔和らが進発し、朐山を包囲した。盧昶は魏軍を率いて朐山の救援に向かった。盧昶は宣武帝に兵6000の増援と米10万石を求めたが、宣武帝は4000の兵を送るのみであった。朐山は食糧が尽きて、傅文驥は梁に降伏した。盧昶は逃走して梁軍の追撃を受け、大敗を喫した([[ク山の戦い|朐山の戦い]])。盧昶は単騎で郯城に逃げ込むと、甄琛に逮捕され、敗戦の罪を問われて免官された。
匿名利用者