「野村弘樹」の版間の差分

編集の要約なし
父親は[[広陵高等学校 (広島県)|広陵高校野球部]]OBで厳しく<ref name="japanlittle">[https://web.archive.org/web/20050322052536/https://www.japanlittle.jp/bokuno/47_nomura.html 僕のリトル時代【広島中央リーグOB/横浜・投手コーチ 野村弘樹さん】]</ref><ref name="cocolog">[http://baseball-dream.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/12-1bc0.html 第12回 元横浜・野村弘樹さん: 野球夢ブログ!]</ref>、小学校2年から[[リトルリーグ]]・広島中央リトルで野球をさせられた<ref name=rights>[http://www.s-rights.co.jp/member/athletes/nomura_h.html ライツネットワークメンバー 野村弘樹 プロフィール]</ref>。1つ上の学年に元[[広島東洋カープ|広島]]・[[阪神タイガース|阪神]]の[[金本知憲]]、2つ上の学年に元[[お笑いタレント]]の[[山本圭壱]]がいた<ref name="japanlittle"/><ref name=sponichi2013416>[[スポーツニッポン]]、2013年4月16日</ref>。野村は同チームのエースで4番だったが<ref name=sponichi2013416/>、一年で[[ボーイズリーグ]]の広島ジャガーズに移籍<ref name=rights/><ref>[http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/2012/09/27/post_186/ 【プロ野球】立浪和義×野村弘樹が語る - web Sportiva - 集英社]</ref>。広島ジャガーズは、[[古葉竹識]]の実弟・古葉福生が長年監督を務めている<ref>[http://www.geocities.jp/hiroshimajaguars/ 広島ジャガーズ]</ref><ref>[http://sportsevent.yomiuri.co.jp/giantscup/2011/news/110810_03.htm 広島ジャガーズボーイズ 投打がかみ合い、本県勢では初のベスト 4]</ref>。
 
高校は[[PL学園中学校・高等学校|PL学園]]に入学<ref>[https://www.tfm.co.jp/beat/?catid=2263&itemid=84307 野村弘樹 燃える闘志を白球に込めて、戦い続けた日々。] - TOKYO FM 80.0MHz 2014.08.16 TOYOTA Athlete Beat</ref>。[[桑田真澄]]、[[清原和博]]らを擁して夏の甲子園を制した後の新チームではエースナンバーを背負い、秋の大阪府大会、近畿大会に出場している(翌春の選抜大会ではベンチ外)。{{by|1987年}}、[[桑田泉]]([[桑田真澄]]の実弟)、[[立浪和義]](元[[中日ドラゴンズ|中日]])、[[片岡篤史]](元[[北海道日本ハムファイターズ|日本ハム]])、[[橋本清]](元[[読売ジャイアンツ|巨人]])、[[宮本慎也]](元[[東京ヤクルトスワローズ|ヤクルト]]・宮本のみ1学年下)らを揃えた強力チームのエースで4番打者として史上4校目の甲子園春夏連覇を達成した(野村は10試合に登板し6勝0敗を記録)。しかし、高校時代はスタミナがなく、継投により途中降板して左翼手に回ることが多かったが、打つほうでは練習試合も含めて高校通算53本塁打をマークしている。
 
東洋大学への進学も検討したが<ref>[[プロ野球ここだけの話]]第28回「PL学園33期生同窓会 第2弾」</ref>、同年秋の[[1987年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|ドラフト]]3位指名を受け、前述の古葉監督率いる[[横浜DeNAベイスターズ|横浜大洋ホエールズ]]に入団<ref>[http://sports-contents.com/mantal/m_nomurahiroki.html スポーツ魂テンツ]</ref>。
9

回編集