「生きるために」の版間の差分

これにより、彼がプロボクサーであることを知ったナチスの将校たちは、賭けの対象として彼にボクシングの試合をさせ始める。サラモはナチスの将校の賭けの対象として試合をさせられることに屈辱を感じるが、負ければ即[[ガス室]]送りになるため、生きるために勝ち続けなければならなかった。サラモは連戦連勝を続けるが、その間にも父や弟はガス室に送られていった。
 
そんなある日、[[連合国 (第二次世界大戦)|連合軍]]による突然の空爆が行われ、ドイツの敗色が次第に濃くなっていることが次第に明らかになっていく。そんな中、戦況の変化によってアウシュヴィッツが閉鎖されるという噂に捕虜たちは反乱の計画を立て、サラモもそれに加わる。そして、それを実行に移す時が来たが…。
 
== キャスト ==