「マルチリンク式サスペンション」の版間の差分

ロータス・49のサスペンション画像を追加した。
m
(ロータス・49のサスペンション画像を追加した。)
 
== 解説 ==
[[File:Lotus 49-2.JPG|thumb|left|250px|[[ロータス・49]]のリアサスペンション。アップライトを上I形、下逆A形のラテラルリンクと、バルクヘッドからの上下ラジアスリンクが支持している。]]
[[ダイムラー・ベンツ]]社が5リンク構成のリアサスペンションを開発し、'''マルチリンクサスペンション'''と命名した。[[セミトレーリングアーム|セミトレーリングアームサスペンション]]の限界を打破すべく、1982年に発表された[[メルセデス・ベンツ 190E]](W201)に初めて搭載され、以後現在までその構成を大きく変えることなく、主なメルセデス車のリアサスペンションとして採用されている。