「国鉄3250形蒸気機関車」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (Bot: cm&sup2; → cm<sup>2</sup>,cm&sup2; → [​[平方センチメートル|cm<sup>2</sup>]​],m&sup2; → m<sup>2</sup>,m&sup3; → m<sup>3</sup… ,Replaced HTML named entities to the equivalent character/string∵Check Wikipedia #11)
m編集の要約なし
'''3250形'''は、かつて[[日本国有鉄道]]の前身である[[鉄道省#内閣鉄道院|鉄道院]]に在籍した[[タンク機関車|タンク式]][[蒸気機関車]]である。
 
本項では、細部が異なるものの、本質的に同形車である'''3390形'''についても取り扱う。
[[ファイル:JGR-3250SL.jpg|thumb|240px|right|日本鉄道 503(後の鉄道院 3252)]]
[[ファイル:JGR-3390SL.jpg|thumb|240px|right|北海道炭礦鉄道 60(後の鉄道院 3392)]]
3250形は、元は[[両毛鉄道]]が[[1893年]](明治26年)に[[アメリカ合衆国|アメリカ]]の[[ボールドウィン・ロコモティブ・ワークス|ボールドウィン]]から5両([[製造番号]]13776, 13777, 13780 - 13782)を輸入した[[車軸配置]][[車輪配置 2-6-2|2-6-2(1C1)]]単式2気筒単式の[[水蒸気#飽和蒸気と過熱蒸気|飽和]]タンク機関車である。両毛鉄道が国有鉄道の管理から離れた1年後に製造された両毛鉄道プロパーの機関車である。両毛鉄道では'''1 - 5'''、[[1897年]](明治30年)の[[日本鉄道]]への併合後は、'''B3/5形'''('''501 - 505''')とされた。[[筑豊鉄道]]に導入された後の[[国鉄3300形蒸気機関車|鉄道院3300形]]をやや小型にした機関車である
 
[[1901年]](明治34年)には、1両(504)が[[北海道炭礦鉄道]]に譲渡され、同社の'''M形'''、後に'''ル形'''('''58''')となったが、北海道炭礦鉄道は同年、2両の同形車(製造番号19330, 19331)をボールドウィンに追造させ、同じくル形に編入して'''59, 60'''とした。
 
[[1906年]](明治39年)に両社は[[鉄道国有法]]によって買収され、所属する機関車は国有官設鉄道籍となった。これを受けて[[1909年]](明治42年)に制定された鉄道院の車両形式称号規程では、日本鉄道の4両は'''3250形'''('''3250 - 3253''')、北海道炭礦鉄道の3両は'''3390形'''('''3390 - 3392''')に[[改番]]された。
 
これらは、メーカー規格では10-22 1/4Dで、本来同一のものである。それがこのように2形式に分かれたのは、北海道炭礦鉄道では[[駆動輪|動輪]]のタイヤを増強して、直径を1,270mmから1,321mmに増したためである。
 
3250形はいずれも構内[[入換 (鉄道)|入換]]に使用されたが、1両が[[1917年]](大正6年)1月、残りが[[1918年]](大正7年)に[[廃車 (鉄道)|廃車]]となった。このうち1917年に廃車となった3253が[[白棚鉄道]]へ払い下げられて同社の'''1'''に、3251は[[八幡製鐵所|八幡製鉄所]]へ、3250と3252は日中合弁企業である[[中日実業]]公司を通じて、[[中国]]の鉱山で使用されている。白棚鉄道の1は、同鉄道が[[1938年]](昭和13年)に鉄道省に借り上げられたのにともない、再び国有鉄道によって使用され、[[1940年]](昭和15年)まで使用された<ref>臼井茂信「国鉄蒸気機関車小史」の記述。金田茂裕「形式別 日本の蒸気機関車 II」では、国有鉄道借り上げ前に廃車されたとしている。</ref>。
 
八幡製鉄所の3251は'''84'''、後に'''318''' → '''343'''に改番され、[[先輪]]および[[従輪]]を撤去して軸配置[[車輪配置 0-6-0|0-6-0(C)]]とされたが、水タンクの形状を傾斜型としたり、[[弁装置]]を[[ワルシャート式弁装置|ワルシャート式]]に変更するなど大規模な改造が行われたものの、[[1951年]](昭和26年)まで使用された<ref>金田茂裕の「形式別 日本の蒸気機関車 II」では、1963年廃車としている。</ref>。
 
3390形については、国有化後も北海道内で使用されたが、[[1924年]](大正13年)に全車が廃車となった。これらは同年に3391, 3392が、翌年には3390が[[釧路臨港鉄道]]に払下げられて同社の'''1 - 3'''となった。そのうち、3は[[1936年]](昭和11年)に事故廃車となり、1は1951年、2は[[1950年]](昭和25年)に老朽廃車された。
== 主要諸元 ==
=== 3250形 ===
* 全長 : 9,810mm
* 全高 : 3,607mm
* 全幅 : 2,286mm
* [[軌間]] : 1,067mm
* [[車軸配置]] : 2-6-2(1C1)
* 動輪直径 : 1,270mm
* [[弁装置]]:[[スチーブンソン式弁装置|スチーブンソン式]]アメリカ型
* シリンダー(直径×行程) : 356mm×508mm
* ボイラー圧力 : 9.8kg/[[平方センチメートル|cm<sup>2</sup>]]
* 火格子面積 : 1.35m<sup>2</sup>
* 全伝熱面積 : 56.8m<sup>2</sup>
** 煙管蒸発伝熱面積 : 51.1m<sup>2</sup>
** 火室蒸発伝熱面積 : 5.7m<sup>2</sup>
* ボイラー水容量 : 2.5[[立方メートル|m<sup>3</sup>]]
* 小煙管(直径×長サ×数) : 44.5mm×2794mm×131本
* 機関車運転整備重量 : 36.32t
* 機関車空車重量 : 29.87t
* 機関車動輪上重量(運転整備時) : 27.69t
* 機関車動輪軸重(第2動輪上) : 10.80t
* 水タンク容量 : 3.20m<sup>3</sup>
* 燃料積載量 : 1.83t
* 機関車性能
** シリンダ引張力 : 4,220kg
<!--** 粘着引張力 :
** 動輪周馬力 : -->
* ブレーキ装置 : [[手ブレーキ]]、[[蒸気ブレーキ]]
 
=== 3390形 ===
* 全長 : 9,823mm
* 全高 : 3,620mm
* 全幅 : 2,350mm
* 軌間 : 1,067mm
* 車軸配置 : 2-6-2(1C1)
* 動輪直径 : 1,321mm
* 弁装置 : [[スチーブンソン式弁装置|スチーブンソン式]]アメリカ型
* シリンダー(直径×行程) : 356mm×508mm
* ボイラー圧力 : 9.8kg/cm<sup>2</sup>
* 火格子面積 : 1.35m<sup>2</sup>
* 全伝熱面積 : 57.7m<sup>2</sup>
** 煙管蒸発伝熱面積 : 51.1m<sup>2</sup>
** 火室蒸発伝熱面積 : 6.6m<sup>2</sup>
* ボイラー水容量 : 3.1m<sup>3</sup>
* 小煙管(直径×長サ×数) : 44.5mm×2,794mm×131本
* 機関車運転整備重量 : 41.57t
* 機関車空車重量 : 32.73t
* 機関車動輪上重量(運転整備時) : 31.62t
* 機関車動輪軸重(第3動輪上) : 11.64t
* 水タンク容量 : 3.29m<sup>3</sup>
* 燃料積載量 : 1.85t
* 機関車性能
** シリンダ引張力 : 4,220kg
<!--** 粘着引張力 :
** 動輪周馬力 : -->
* ブレーキ装置 : 手ブレーキ、蒸気ブレーキ
 
== 脚注 ==
 
== 参考文献 ==
* 臼井茂信「国鉄蒸気機関車小史」1956年、[[電気車研究会|鉄道図書刊行会]]刊
* 臼井茂信「日本蒸気機関車形式図集成」1969年、[[誠文堂新光社]]刊
* 臼井茂信「機関車の系譜図 1」1972年、[[交友社]]刊
* 金田茂裕「形式別 日本の蒸気機関車 II」[[エリエイ]]出版部刊
* 金田茂裕「日本蒸気機関車史 私設鉄道編 I」エリエイ出版部刊
* 「日本に輸入されたBALDWIN製機関車の製造番号表」1969年、「SL」No.2、交友社刊
 
{{日本鉄道の蒸気機関車}}
{{北海道炭礦鉄道の蒸気機関車}}
{{白棚鉄道の蒸気機関車}}
{{デフォルトソート:こくてつ3250かたしようききかんしや}}
[[Category:日本国有鉄道の蒸気機関車|3250]]
[[Category:両毛鉄道|車1]]
116,676

回編集