「女性語」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
: なんの、しやらツくせへ。お{{読み仮名|髪|ぐし}}だの、へつたくれのと、そんな遊せ詞は見ツとむねへ。ひらつたく髪と{{読み仮名|云|いひ}}ナ。おらアきつい{{読み仮名|嫌|きれえ}}だア。奉公だから云ふ{{読み仮名|形|なり}}になつて、おまへさまお持仏さま、{{読み仮名|左様然者|さやうしからば}}を{{読み仮名|云|いつ}}て居るけれど、貧乏世帯を持つちやア入らねへ詞だ。せめて、湯(註:銭湯のこと)へでも来た時は{{読み仮名|持前|もちめえ}}の詞をつかはねへじやア、気が{{読み仮名|竭|つき}}らアナ。
 
現代の日本で一般的に女性語として認識されている言葉の起源は、[[明治]]時代に有産階級の女学生の間で発生した「'''てよだわ言葉'''」である。「よくってよ」「いやだわ」などの言葉の流行は、当時は「異様なる言葉づかひ」([[尾崎紅葉]]によれば<ref>[http://www.ne.jp/asahi/nihongo/okajima/huseigo/teyodawa.html 『流行言葉』]</ref>「旧幕の頃[[青山 (東京都港区)|青山]]に住める御家人の(身分のいやしき娘がつかひたる」とある通り、もとは山の手の下層階級の女性が使っていた言葉が女学生の間に伝播したもので、当時は「異様なる言葉づかひ」などと文化人の非難の的になったが、結果的には中流以上の女性層で定着し、規範的な女性語として扱われるようになった。
 
[[1980年代]]頃からは、男女ともに「だよ」「だね」「じゃん」といった[[ユニセックス]]な言い回しが好まれるようになり、「てよだわ言葉」の流れをくむ女性語は中年以上の女性が用いるほかは、[[オネエ言葉]]に誇張された形で残っている。ただし、一人称代名詞に関しては依然として男女差が強く意識されており、「僕」や「俺」を常用する女性は極めて少数派である([[ボク少女]]を参照)。
匿名利用者