「エネルギー・運動量テンソル」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''エネルギー・運動量テンソル'''とは、二階の[[テンソル]] T<sup>&mu;&nu;</sup>であり、
:<math> T^{\mu\nu} = \rho \frac{dxu^\mu}{d\tau} \frac{dxu^\nu}{d \tau} ,</math>
で定義される[[物理量]]である。ここで、&rho; は物体に対し静止した系におけるエネルギー密度である。定義から明らかに対称テンソルである。
 
T<sup>&mu;&nu;</sup>は定義から明らかに対称テンソルである。
 
エネルギー・運動量テンソルは[[アインシュタイン方程式]]に現れ、[[重力]]を生じる原因である。
:<math>T^{\mu\nu} = \frac{1}{4\pi} (F^{\mu\lambda} {F^{\nu}}_{\lambda} - \frac{1}{4}g^{\mu\nu} F^{\kappa\lambda} F_{\kappa\lambda}) </math>
 
T<sup>00</sup>>は[[エネルギー密度]]、T<sup>0j</sup>及びT<sup>i0</sup>は[[ポインティング・ベクトル]]、T<sup>ij</sup>は[[マクスウェルの応力テンソル]]である。
 
== 関連語句 ==
匿名利用者