「ミハイル・プレトニョフ」の版間の差分

編集の要約なし
(出典皆無な存命人物のテンプレートを追加)
{{BLP unsourced|date=2018年5月}}
{{Infobox Musician <!--Wikipedia:ウィキプロジェクト 音楽家を参照-->
[[ファイル:Mikhail Pletnev.jpg|thumb|right|160px|ミハイル・プレトニョフ]]
| Name = ミハイル・ヴァシーリエヴィチ・プレトニョフ
| Img =Mikhail Pletnev.jpg
| Img_capt =
| Img_size = <!-- サイズが250ピクセルに満たない場合のみ記入 -->
| Landscape = <!-- 画像の横幅が広く、高さが小さい場合に“yes”を記入 -->
| Background = classic
| Born = {{生年月日|1957|4|14}} {{SSR}}[[アルハンゲリスク]]
| Birth_name = <!-- 個人のみ --><!-- 出生時の名前が公表されている場合にのみ記入 -->
| Alias =
| Blood = <!-- 個人のみ -->
| School_background = [[モスクワ音楽院]]
| Died =
| Origin = {{RUS}}
| Instrument = [[ピアノ]]
| Genre = [[クラシック音楽]]
| Occupation =[[ピアニスト]]・[[指揮者]]
| Years_active =
| Label =
| Production =
| Associated_acts =
| Influences =
| URL =
| Current_members = <!-- グループのみ -->
| Past_members = <!-- グループのみ -->
| Notable_instruments =
}}   
{{ウィキポータルリンク|クラシック音楽}}
'''ミハイル・ヴァシーリエヴィチ・プレトニョフ'''({{lang-ru|Михаил Васильевич Плетнёв}}、[[ラテン文字]]転写例: {{lang|la|Mikhail Vasilievich Pletnev}}、[[1957年]][[4月14日]] - )は、[[ロシア]]の[[ピアニスト]]・[[指揮者]]である。
 
== 概説 経歴==
ロシア(当時は1957年、[[ソ連]])の[[アルハンゲリスク]]に生まれる。両親ともに音楽家で、幼少期から楽才を発揮した。13歳で[[モスクワ音楽院]]に入学し、[[ピアノ]]を[[ヤコフ・フリエール]]と[[レフ・ヴラセンコ]]に師事。1978年に[[チャイコフスキー国際コンクール]]で金メダルを獲得し、国際的な注目を浴びるようになる。1980年代後半にヴァージン・クラシックスと契約してピアニストとして国際的に録音活動を始めるが、1990年に、ソ連で最初の私設オーケストラ、[[ロシア・ナショナル管弦楽団]]を設立して、指揮活動にも熱を注いだ。現在は[[ドイツ・グラモフォン]]の専属アーティストとなり、ロシア・ナショナル管弦楽団の芸術監督も務めている。指揮者として、またピアニストとして1度ずつ[[グラミー賞]]に入賞している。
 
==ピアニストとして==
ピアニストとして得意とするレパートリーは、[[スカルラッティ]]、[[ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン|ベートーヴェン]]、[[フレデリック・ショパン|ショパン]]、[[アレクサンドル・スクリャービン|スクリャービン]]、[[セルゲイ・ラフマニノフ|ラフマニノフ]]、[[セルゲイ・プロコフィエフ|プロコフィエフ]]で、自分は[[ヴィルトゥオーソ]]ではないとたびたび発言しているが、[[カーネギー・ホール]]でのデビュー・コンサートを行った際は、アンコールで[[ミリイ・バラキレフ|バラキレフ]]の《[[イスラメイ]]》を演奏し、聴衆から大喝采をさらった。ラフマニノフの[[ルツェルン湖]]畔の別荘では、遺産のピアノを用い、存命中のラフマニノフの演奏風景を再現して録音を行った。
 
また、チャイコフスキーのバレエ音楽《[[眠りの森の美女]]》や《[[くるみ割り人形]]》をピアノ独奏用に編曲し、ムズィカ(MUZYKA)社より出版した。超絶技巧を凝らした[[トランスクリプション]]で演奏技術の要求は非常に高いが、それゆえに他のピアニストからも支持されている。プロコフィエフの《シンデレラ》は2台ピアノ用組曲版を[[マルタ・アルゲリッチ]]との共演で録音している。
 
==指揮者として==
指揮者としては、チャイコフスキー、ラフマニノフ、ベートーヴェンの交響曲全曲ならびにベートーヴェンのピアノ協奏曲全曲を録音している。また、プロコフィエフのバレエ音楽《[[シンデレラ (プロコフィエフ)|シンデレラ]]》も全曲録音している。
 
[[ポピュラー音楽]]の分野では、手兵[[ロシア・ナショナル管弦楽団]]を率いて、[[小林武史]]が作曲した映画『GATE』の主題歌「[[GATE (曲)|GATE]]」を録音し、[[伊藤由奈]]と共演した。
チャイコフスキーのバレエ音楽《[[眠りの森の美女]]》や《[[くるみ割り人形]]》をピアノ独奏用に編曲し、ムズィカ(MUZYKA)社より出版した。超絶技巧を凝らした[[トランスクリプション]]で演奏技術の要求は非常に高いが、それゆえに他のピアニストからも支持されている。プロコフィエフの《シンデレラ》は2台ピアノ用組曲版を[[マルタ・アルゲリッチ]]との共演で録音している。
 
[[ポピュラー音楽]]の分野では、手兵ロシア・ナショナル管弦楽団を率いて、[[小林武史]]が作曲した映画『GATE』の主題歌「[[GATE (曲)|GATE]]」を録音し、[[伊藤由奈]]と共演した。
<!--
== 脚注 ==
<references />
{{Reflist}}
-->
 
{{DEFAULTSORT:ふれとによふ みはいる}}
匿名利用者