「ピエール・ピエルロ」の版間の差分

編集の要約なし
{{Infobox Musician <!--Wikipedia:ウィキプロジェクト 音楽家を参照-->
| Name =ピエール・ピエルロ
| Img =
| Img_capt =
| Img_size = <!-- サイズが250ピクセルに満たない場合のみ記入 -->
| Landscape = <!-- 画像の横幅が広く、高さが小さい場合に“yes”を記入 -->
| Background = classic
| Born = {{生年月日|1921|4|26}}
| Birth_name = <!-- 個人のみ --><!-- 出生時の名前が公表されている場合にのみ記入 -->
| Alias =
| Blood = <!-- 個人のみ -->
| School_background = [[パリ音楽院]]
| Died = {{死亡年月日と没年齢|1921|4|26|2007|1|9}}
| Origin = {{FRA}}[[パリ]]
| Instrument = [[オーボエ]]
| Genre = [[クラシック音楽]]
| Occupation = [[オーボエ]]奏者
| Years_active =
| Label =
| Production =
| Associated_acts =
| Influences =
| URL =
| Current_members = <!-- グループのみ -->
| Past_members = <!-- グループのみ -->
| Notable_instruments =
}}   
{{Portal クラシック音楽}}
'''ピエール・ピエルロ'''('''Pierre Pierlot''', [[1921年]]<ref>http://artist.cdjournal.com/a/-/151333</ref>[[4月26日]][[パリ]] - [[2007年]][[1月9日]][[パリ]])<ref>http://www.resmusica.com/2007/01/12/deces-du-hautboiste-pierre-pierlot-paris-26-avril-1921-paris-9-janvier-2007/</ref>は、[[フランス]]の[[オーボエ]]奏者。
 
== 生涯 ==
[[パリ]]の生まれ。[[ヴァラシエンヌ]]音楽院でガストン・ロンガットに師事した後、[[パリ音楽院]]でルイ・ブルーゼ (Louis Bleuzet) の薫陶を受け、1941年にプルミエ・プリを得ている。また、[[フェルナン・ウーブラドゥ]]から[[室内楽]]も学んだ。
 
[[ヴィシー政権]]下の大戦中は、[[近衛秀麿]]主宰の「コンセール・コノエ」に[[ジャック・ランスロ]]等と共に参加した。
 
1969年から1986年まで[[パリ国立高等音楽・舞踊学校|パリ音楽院]]で教鞭をとった。この間、主にパリ・バロック・アンサンブルの一員として頻繁に来日、[[読売日本交響楽団]]([[若杉弘]]指揮)と[[オーボエ協奏曲 (モーツァルト)|モーツァルトの協奏曲]]も演奏した1960年代から1990年代まで日本で数多くの演奏会に出演した。
 
パリにて没。
 
== 脚注 ==
匿名利用者