「今夜は最高!」の版間の差分

整理
(整理)
メイン司会者であるタモリと女性パートナーの2人で男性ゲストを迎える形だが、パートナーは基本的に2週毎に交代する(稀に1週交代の時もあった)。トークコーナーではタモリと女性パートナーが男性ゲストを挟む形に座る事が多かった。ゲストは300回記念などのスペシャル版を除けば毎週変更され、女性ゲストだった回(沢たまき,戸川純,松金よね子,田中裕子)やゲスト無しの回(81/9/5,83/1/29,9/24,88/1/2)もあった。
 
番組の撮影と収録は麹町・日本テレビの「Gスタジオ」で主に行われていた。各回の収録は木曜日から土曜日までの最低3日間はかかっていて、タモリによると週4日かかっていた事も多かったとのこと
 
当番組では、タモリが[[サングラス]]を取る姿は珍しくなかった。女装やモノマネでは、素顔、普通のメガネ顔、かつてのアイパッチ姿の名残のある片方のみのサングラスメガネなど、サングラス無しの顔が頻繁に見られた。
== 番組の終了 ==
 
[[1989年]]春の改編でスタッフの大幅な入れ替えを実施。音楽担当の鈴木宏昌や振付の土居、WAHAHA本舗といったレギュラーメンバーも降板し、新たに音楽は[[佐橋俊彦]]、コントレギュラーには[[田口トモロヲ]]と[[福原一臣]]が加入。オープニングもリニューアルされたが、フジテレビの裏番組『[[ねるとん紅鯨団]]』の影響で視聴率は伸び悩んだ。そして[[1989年]][[10月7日]]放送分で最終回を迎え、累計8年・413回の歴史に幕を下ろした。タモリはまだ本番組を続けていくつもりであったものの、タモリの所属事務所「田辺エージェンシー」側と日テレ、番組スポンサーのパイオニア側との間にトラブルが起こり、半ば仲違いをする形で1989年に番組は終了した。
 
本番組終了後、タモリが日本テレビ系列のレギュラー番組を持つことはなく、本番組終了から30年近く経った現在においても、タモリは日本テレビ系列の番組に数える程度しか出演していない。 
匿名利用者