「李孝基」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
[[619年]]、[[劉武周]]が[[太原]]を攻撃すると、[[夏県]]の[[呂崇茂]]が呼応して唐にそむいた。孝基は行軍総管としてこれを攻撃したが、[[尉遅敬徳]]に敗れて、工部尚書の独孤懐恩や内史侍郎の[[唐倹]]、陝州総管の[[于筠]]らとともに捕らえられた。逃亡をはかって失敗し、殺害された。晋陽が平定された後、死体は取り戻されないまま、葬儀がおこなわれ、左衛大将軍の位を追贈された。[[諡]]を壮といった。
 
子がなく、兄の李韶の子の[[李道立]]が後を継いで高平王に封ぜられたが、のちに県公に降格され、陳州刺史に終わった。
 
== 伝記資料 ==
匿名利用者