「反ソ連デー」の版間の差分

満9年の[[1954年]]、日本の[[右翼]]・[[民族派]]は、このソ連の一連の行動を弾劾すべく、[[新橋駅]]前の野外ステージで「滅共反ソ国民大会」を挙行した。大会終了後、彼らは駐日ソ連代表部(現在の駐日ロシア大使館)に押しかけ、構内に侵入する事件を起した。この事件で[[赤尾敏]]ら3人が逮捕された。
 
右翼はこの事件を「義挙」とし、以降毎年この8月9日を「反ソ連デー」として位置づけ、ロシア大使館近辺で街宣活動を行うようになった。このため、8月9日は警備上の理由により[[東京湾大華火祭]]が開催できない
 
[[2008年]]開催の[[東京湾大華火祭]]は、例年通りの開催日とされる8月第2土曜日が反ソ連デーと重複するため、警備上の観点から翌日曜日(8月10日)開催となった。
 
== 参考文献 ==
12,981

回編集