「チワン族」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
[[ファイル:Zhuang woman embroidered, silver-ornamented dress - Yunnan Nationalities Museum - DSC04250.JPG|right|thumb|250px|雲南省のチワン族の伝統的服飾]]
工芸品としては五色の糸で美しく刺繍を施した[[壮錦]]が有名で、図案が精巧で美しい、現在も生産されている。
チワン族は手織布の生地を使って多種多様なデザインの服を作る。[[藍染め]]などの[[染色]]技術も伝統的に持っており、女性は普段青みがかった黒のズボンをはく、ズボンのすそは少し広げ、頭を綾織のタオルのようなもので包み、腰には精なデザインのエプロンを結んでいる。多くの若者は前ボタン式の上着を着て、腰に紐を結んでいる。[[服飾]]は男女とも[[黒色]]を正式の礼装とする。
 
=== 建築 ===
7,820

回編集