「レオニード・クチマ」の版間の差分

 
[[2004年]]10月に任期満了に伴い実施された大統領選挙では、11月の決選投票で与党陣営の推す[[ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ]]首相が最初当選とされた。しかし、[[ヴィクトル・ユシチェンコ]]前首相の野党陣営は与党陣営による不正があったとして、野党支持者によるデモや政府施設への包囲が続き、ウクライナ国内は混乱状態に陥った。ヤヌコーヴィチとユシチェンコが欧州首脳の仲介で対話による解決で一致したのを受けて、[[12月2日]]、クチマは訪露し、[[ウラジーミル・プーチン]]ロシア大統領と会談。12月26日再選挙が行われ、ユシチェンコが勝利。現在は政界を引退し年金生活に入っている。また自ら立ち上げた財団の運営にも関わっている。国外逃亡を余儀なくされた[[アスカル・アカエフ]]と比べると遥かに穏便な老後であり、このことがオレンジ革命の性格を物語っている。
 
==脚注==
 
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
{{commons|Category:Leonid Kuchma}}
5

回編集