「ヴィブラスラップ」の版間の差分

編集の要約なし
[[Image:Vibraslap1.jpg|thumb|none|240px|箱の中]]
}}
'''ヴィブラスラップ'''({{lang-en|Vibraslap}})は、[[体鳴楽器]]に分類される[[打楽器]]で、[[キハーダ]]の代用として用いられる。LP社(Latin(Latin Percussion / ラテンパーカッション)が開発し、特許を取得されていた。また、LP社の[[登録商標]] (Vibra-Slap®) であり、一般名称では(競合のマイネル社は同種の楽器をロアー』(The Roar) と呼んでいる)
 
== 概要 ==
二重L字形に折り曲げられた太い針金の一方に木製の箱が付いていて、他方におもりが付いている。箱の中には鉄の小片が入っていて、箱が揺れるとこの小片が箱に当たり音を出す。演奏にあたってはL字形の底部を片手で持ち、おもりを手で叩くか膝などにおもりを打ち付ける。「カーッ!」という乾いた甲高い揺れる音が鳴る。
 
日本では[[1970年代]]から[[1980年代]]前半にかけて[[渡辺宙明]]、[[山本正之]]らによって作曲された[[アニメソング]]に多用されていたほか、近年では[[バラエティ番組]]の効果音として使用されることも多い。
 
なお、「[[与作]]」で用いられているのはヴィブラスラップではなく、[[キハーダ]]である。
== 関連項目 ==
* [[キハーダ]]
 
{{Musical-instrument-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:ういふらすらつふ}}
[[Category:打楽器]]
[[Category:登録商標]]
{{Musical-instrument-stub}}
匿名利用者